Close

ラファエル・ローゼンダール

  • Installation View of “Into Time” (series), 2018, Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions: Mapping the Invisible, Tokyo Photographic (TOP) Art Museum

  • Installation View of “Into Time” (series), 2018, Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions: Mapping the Invisible, Tokyo Photographic (TOP) Art Museum

  • Installation View of “Abstract Browsing,” 2018, Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions: Mapping the Invisible, Tokyo Photographic (TOP) Art Museum

  • Installation view from “Rafaël Rozendaal: Generosity,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “Rafaël Rozendaal: Generosity,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “Rafaël Rozendaal: Generosity,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “Abstract Browsing,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view of “Abstract Browsing” (Tapestries Series), 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “RR Haiku” (series), 2018, Installation view, Towada Art Center, Japan

  • “RR Haiku 061,” 2018, Installation view, The Chain Museum at Towada Art Center

  • “Abstract Browsing 17 01 06 (Reddit),” 2017, Tapestry, H 200 x W 144 cm

  • “Abstract Browsing 17 01 05 (Twitter),” 2017, Tapestry, H 200 x W 144 cm

  • Installation view from “External Memory,” 2014, Upstream Gallery, Amsterdam

  • Installation view from “External Memory,” 2014, Upstream Gallery, Amsterdam

  • “Into Time 13 08 14,” 2013, Lenticular painting, Mounted and Framed, Unique, 36 x 48 inches

  • “Into Time 13 08 16,” 2013, Lenticular painting, Mounted and Framed, Unique, 36 x 48 inches

  • Installation view from “Everything You See Is In The Past,” 2013, Postmasters Gallery, New York

  • Installation view from “Illuminating Graphics,” 2013, Creation Gallery G8, Tokyo, Photo by Kiichiro Miyamoto

  • Installation view from “Illuminating Graphics,” 2013, Creation Gallery G8, Tokyo, Photo by Kiichiro Miyamoto

  • Installation view from “Illuminating Graphics,” 2013, Creation Gallery G8, Tokyo, Photo by Kiichiro Miyamoto

  • “Into Time 13 10 24,” 2013, Lenticular painting, Mounted and Framed, Unique, 36 x 48 inches

  • “Into Time with mirrors,” 2012, Mirrors, Computers, Projectors, Museu Imagem e Sol, São Paulo

  • “Without Hesitation,” 2012, Interactive art installation, Tokyo

  • Installation view from “I’m Good,” 2010, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

  • Installation view from “I’m Good,” 2010, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

  • “http://www.fromthedarkpast.com,” 2009, Website, Unique

  • “http://www.hybridmoment.com,” 2009, Website, Unique

  • “http://www.muchbetterthanthis.com,” 2006, The Stedelijk Museum Amsterdam

Profile

ラファエル・ローゼンダール 1980年オランダ生まれ。現在、ニューヨークをベースにしつつ彼のインスタグラムにみられるように世界中のあらゆる場所で制作を続けている。2000年からウェブ作品を発表し活動を続け、インスタレーション、レンチキュラー作品、ファブリック、詩作などの作品へとスタイルを広げている。2018年に十和田市現代美術館(青森)で初の美術館個展「GENEROSITY 寛容さの美学」を開催。近年の主な展覧会にホイットニー美術館(ニューヨーク)、ポンピドゥ・センター(パリ)、ドルトレヒト美術館(ドルトレヒト)、クンストハル美術館(ロッテルダム)、ステデリック・ミュージアム(アムステルダム)、アーマンド・ハマー美術館(ロサンゼルス)など。
著書には『Home Alone』(Three Star Books)、『Everything, Always, Everywhere』(Valiz)がある。

Awards

Solo Exhibitions

2021 「Calm」Takuro Someya Contemporary Art、東京
「Permanent Distraction」Site Gallery、 シェフィールド
「Mechanical Paintings」Upstream Gallery、アムステルダム
2020 「Websites」Site Gallery、シェフィールド
「Shadow Objects Sculpture Park」Virtual Art Book Fair (東京都現代美術館)、東京
2019 「Discrete Objects」 Upstream Gallery、アムステルダム
「Double Pressure」 Centraal Museum、ユトレヒト
「Nervous」Postmasters Gallery、ローマ
「Don't do too much」Postmasters Gallery、ニューヨーク
2018 「Generosity」Towada Art Center、青森
「Portraits」Steve Turner、ロサンゼルス
2017 「Anti Social」Postmasters Gallery、ニューヨーク
「Convenient」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2016 「Complex Computational Compositions」Upstream Gallery、アムステルダム
「Abstract Browsing」Steve Turner、ロサンゼルス
「Somewhere」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2015 「Soft Focus」MU artspace, Eindhoven、オランダ
「Haiku」Postmasters Gallery、ニューヨーク
「Time Square Midnight Moment」、ニューヨーク
「On And On」Carl Kostyál、ストックホルム
2014 「Almost Nothing, Hardly Anything」Steve Turner、ロサンゼルス
「External Memory,」Upstream Gallery、アムステルダム
「Seoul Art Square」、ソウル
2013  「Everything You See Is In The Past」Postmasters Gallery、ニューヨーク
2012 「Everything Dies」Kunstverein Arnsberg、ドイツ・アルンスベルク
「In and Out」Tetem、オランダ
「Into Time」Museu da Imagem e do Som (MIS)、サンパウロ
「Everything Always Everywhere」Steve Turner、ロサンゼルス
「The Biggest Kiss in the World」Seoul Square、ソウル
「Without Hesitation」Tabloid、東京
2011 「New Information」Nordin Gallery、ストックホルム
「In Motion」With Project Space、ニューヨーク
「The Shift」W139、アムステルダム
「To Walk The Night」Gloria Maria Gallery、ミラン
2010 「Thank You Very Much」Future Gallery、ベルリン
「Perfect Vacuum」Galeri Pictura、スウェーデン
「Yes For Sure」NIMk、アムステルダム
「Broken Self」Spencer Brownstone Gallery、ニューヨーク
「Volta Art Fair」、ニューヨーク
「I’m Good」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2009 「Really Really Big」NP3、オランダ・フローニンゲン
2007 「Flaming Log」Carmelitas Gallery、バルセロナ
「Piece by Piece」curated by Marti Peran, Galeria dels Angels、バルセロナ
2006 「SMCS op 11」、アムステルダム
2005 「Neen Season」Sketch、ロンドン
2004 「It Will Never be the Same」Quarantine、アムステルダム
「New Rafael」M+R Gallery、ロンドン
2002 「White Trash」Electronic Orphanage、ロサンゼルス

Group Exhibition

2022 「Observation」Navy’s Officer’s Club - Venice Meeting Point、ヴェネツィア
「伊勢周平、大山エンリコイサム、細倉真弓、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2021-2022 「Histoires d’abstraction, le cauchemar de Greenberg 」Fondation d'entreprise Pernod Ricard、パリ
「La realtà, i linguaggi」Galleria Enrico Astuni、ボローニャ
「Group Show: 6 Artists」日本橋三越本店 、東京
2021 「特別展示|岡﨑乾二郎、大山エンリコイサム、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2020 「Good Pictures」Deitch Gallery、ニューヨーク
「Quiet, Calm, Staring」Upstream Gallery、アムステルダム (curator)
「Cultural Matter」LIMA、アムステルダム
2019 「Trouble in Paradise, collection Rattan Chadha」Kunsthal、ロッテルダム
「特別展示: 山下麻衣+小林直人、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
「Drawing:Manner | 岡﨑乾二郎、大山エンリコイサム、川人綾、牧口英樹、村山悟郎、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
「Freedom of Movement」Takuro Someya Contemporary Art, 東京
「TSCA Collection | Foresights and Flow」Takuro Someya Contemporary Art, 東京
2018 「Programmed: Rules, Codes, and Choreographies in Art, 1965–2018」Whitney Museum of American Art、ニューヨーク
「Freedom of Movement: Municipal Art Acquisitions」Stedelijk Museum、アムステルダム
「The Most Contemporary Painting Show」Dordrecht Museum、オランダ
「Mapping the Invisible」Yebisu International Festival for Arts & Alternative Visions, TOP Museum、東京
「Colour & Abstraction: Generations in Dialogue」Textile Museum、オランダ
2017 「Stedelijk Base」Stedelijk Museum、アムステルダム
「Choice and Chance」Eye Film Museum、アムステルダム
「Art from the Hugo Brown Family Collection」Kunsthal、ロッテルダム
「Sleep Mode: The Art of the Screensaver」Nieuwe Instituut、ロッテルダム
「Kenpoku Art Festival」、茨城
「Hello Robot」Vitra Museum、ドイツ
「Cubicles」Foam Museum、アムステルダム
「Popular Screen Sizes」 Japan Creative Centre (JCC)、シンガポール
「Insomnia」Bonniers Konsthall、ストックホルム
2016 「Kenpoku Art Festival」(茨城)
「BYOB」Stedelijk Museum、アムステルダム
「Doings & Knots」Tallin Art Hall、エストニア
「Dialogue with Something Invisible」Artium、福岡
「New Gameplay」Nam June Paik Art Center、ソウル
「Digital Abstraction」HeK (House of Electronic Arts Basel)、バーゼル・スイス
「Unknown Landscape」Upstream Gallery、アムステルダム
2015 「STRP Biennial」、オランダ
「Much Better Than This」、Time Square ニューヨーク
2014 「Born Digital」Stedelijk Museum Breda、オランダ
「The Moving Museum」、イスタンブール
「Selected Websites」Hammer Museum、ロサンゼル
「Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake」Honor Fraser Gallery、ロサンゼルス
「光るグラフィック展」クリエイションギャラリーG8、東京
「Looking at Something」Telfair Museum、アメリカ・ジョージア州
2013 「Paddles On!」Curated by Lindsay Howard, Phillips、ニューヨーク
「BYOB Mobile」Printed Matter、ニューヨーク
「新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク」川崎市民ミュージアム、神奈川
「Cold Void」KK Outlet、ロサンゼルス
「6 Websites」Arranged by Mark Brown, Salon94 Bowery、ニューヨーク
「Book Machine」Centre Pompidou、パリ
Node Festival, Kunstverein Frankfurt、ドイツ
「#FutureMyth」319 Scholes、ニューヨーク
「Brand Innovations」Carroll/Fletcher、ロンドン
「Notes on a New Nature」Art et Amicitae、アムステルダム
2012 「Nova」Museu da Imagem e do Som (MIS)、サンパウロ
「DLD Conference」、ドイツ
2011 「BYOB: Games」Postmasters Gallery、ニューヨーク
「Extimacy」CACT、スイス・ルガーノ
「BYOB Amsterdam」W139、アムステルダム
「BYOB Tokyo」、東京
「BYOB Venezia」Venice Biennial、イタリア・ベネツィア
「File Festival」、リオデジャネイロ
「Rhizome at the Armory」、ニューヨーク
「BYOB Paris」パリ
「BYOB London」、ロンドン
「Rojo Nova Festival」、リオデジャネイロ
「DLD Conference」、ドイツ・ミュンヘン
2010 「Speedshow/PeepShow」香港
「BYOB NYC」Spencer Brownstone Gallery、ニューヨーク
「Bal Jaune Ricard」、パリ
「BYOB Athens」Kunsthalle Athena、ギリシャ・アテネ
「Speedshow」、アムステルダム
「Happy is a Place」、メキシコシティー
「Taipei Art Fair with Takuro Someya Contemporary Art」、台湾
「BYOB (Bring Your Own Beamer)」、ベルリン
「Binary Code View」The Agency、ロンドン
「Kunsthalle Athena」アテネ
「Multiplex」、ミュンヘン
「Preferiría (si) Hacerlo」、コロンビア・ボゴタ
「Texture Maps」Nest、オランダ・ハーグ
「Circa Art Fair」 Preteen Gallery、プエルトリコ
「Better Brain: Projected Manifestations of Futurity」Future Gallery、ベルリン
「Don’t Worry, Be Happy!」MAMA (Media of Moving Art)、ロッテルダム
2009 「The Last Session」、アムステルダム
「AFK Sculpture Park (Away from Keyboard)」、ベルリン
「Afficha Festival」、モスクワ
「Biennale di Venezia」 Padiglione Internet、ベニス
「The New Easy」Art News、ベルリン
「Are you sure you are you?」Spencer Brownstone Gallery、ニューヨーク
「101 Art Fair Project Room」Curated by Kosuke Fujitaka、東京
「Straylight Cavern」Cell Project Space、ロンドン
「The Real Thing」MU artspace、オランダ・アイントホーフェン
2008 「Love Delirium」Kunstraum Niederoesterreich、ウィーン
「FILE」、サンパウロ
「Rhizome Commissions」New Museum、ニューヨーク
「Point of No Return」Rubicon Gallery、ダブリン
「The Long Cigarette」11、アムステルダム
「Webcra.sh」Pictura、オランダ
2007 「Dazed & Confused vs. Andy Warhol」Baltic Mill、イングランド
「Existential Computing」Hayward Gallery、ロンドン
「Much Better Than This」Horsecross、オーストラリア
2006 「Neen Evening」、アムステルダム
「Unlike the Rest」Liquid Room、東京
「Neen Demo」Benaki Museum、アテネ
「KunstRAI Art Fair」GMVZ、アムステルダム
「Superneen」Galleria Pack、ミラン
「ARCO with Galeria Dels Angels」、マドリッド
「Inside Out」fondsbkvb、アムステルダム
2005 「Loop of Neen」Loop Festival、バルセロナ
「Bienal de Valencia」、スペイン
「Sonar Festival」、バルセロナ
「It Will Never be the Same」Le Magasin、フランス
2004 「Neen Porn」Galeria dels Angels、バルセロナ
「New Masters of Universe」Moca Taipei、台湾
「NeenToday」MU art foundation、オランダ
「I am Very Very Sorry」Gallery MVZ、アムステルダム
2002 「Afterneen」casco、オランダ・ユトレヒト
「Neen World」Vilette Numerique、パリ
「WhitneyBiennial.com」、ニューヨーク
2001 「Biennale.net」Deitch Projects、ニューヨーク
「Tirana Biennale」、アルバニア

Publication

2020 "HOME ALONE" ( Three Star Books, パリ )
2019 "haiku book 2018" (Spheres Publication, ロンドン)
”Everything, Always, Everywhere (my first monograph)" (Valiz, アムステルダム)
2016 "haiku book 2016" (Idea Books, アムステルダム)
"Abstract Browsing" (The Printed Web,ニューヨーク)

Collection

Others

アートフェア
2016 Kenpoku Art Festival、茨城

Profile

ラファエル・ローゼンダール 1980年オランダ生まれ。現在、ニューヨークをベースにしつつ彼のインスタグラムにみられるように世界中のあらゆる場所で制作を続けている。2000年からウェブ作品を発表し活動を続け、インスタレーション、レンチキュラー作品、ファブリック、詩作などの作品へとスタイルを広げている。2018年に十和田市現代美術館(青森)で初の美術館個展「GENEROSITY 寛容さの美学」を開催。近年の主な展覧会にホイットニー美術館(ニューヨーク)、ポンピドゥ・センター(パリ)、ドルトレヒト美術館(ドルトレヒト)、クンストハル美術館(ロッテルダム)、ステデリック・ミュージアム(アムステルダム)、アーマンド・ハマー美術館(ロサンゼルス)など。
著書には『Home Alone』(Three Star Books)、『Everything, Always, Everywhere』(Valiz)がある。

Awards

Solo Exhibitions

2021 「Calm」Takuro Someya Contemporary Art、東京
「Permanent Distraction」Site Gallery、 シェフィールド
「Mechanical Paintings」Upstream Gallery、アムステルダム
2020 「Websites」Site Gallery、シェフィールド
「Shadow Objects Sculpture Park」Virtual Art Book Fair (東京都現代美術館)、東京
2019 「Discrete Objects」 Upstream Gallery、アムステルダム
「Double Pressure」 Centraal Museum、ユトレヒト
「Nervous」Postmasters Gallery、ローマ
「Don't do too much」Postmasters Gallery、ニューヨーク
2018 「Generosity」Towada Art Center、青森
「Portraits」Steve Turner、ロサンゼルス
2017 「Anti Social」Postmasters Gallery、ニューヨーク
「Convenient」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2016 「Complex Computational Compositions」Upstream Gallery、アムステルダム
「Abstract Browsing」Steve Turner、ロサンゼルス
「Somewhere」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2015 「Soft Focus」MU artspace, Eindhoven、オランダ
「Haiku」Postmasters Gallery、ニューヨーク
「Time Square Midnight Moment」、ニューヨーク
「On And On」Carl Kostyál、ストックホルム
2014 「Almost Nothing, Hardly Anything」Steve Turner、ロサンゼルス
「External Memory,」Upstream Gallery、アムステルダム
「Seoul Art Square」、ソウル
2013  「Everything You See Is In The Past」Postmasters Gallery、ニューヨーク
2012 「Everything Dies」Kunstverein Arnsberg、ドイツ・アルンスベルク
「In and Out」Tetem、オランダ
「Into Time」Museu da Imagem e do Som (MIS)、サンパウロ
「Everything Always Everywhere」Steve Turner、ロサンゼルス
「The Biggest Kiss in the World」Seoul Square、ソウル
「Without Hesitation」Tabloid、東京
2011 「New Information」Nordin Gallery、ストックホルム
「In Motion」With Project Space、ニューヨーク
「The Shift」W139、アムステルダム
「To Walk The Night」Gloria Maria Gallery、ミラン
2010 「Thank You Very Much」Future Gallery、ベルリン
「Perfect Vacuum」Galeri Pictura、スウェーデン
「Yes For Sure」NIMk、アムステルダム
「Broken Self」Spencer Brownstone Gallery、ニューヨーク
「Volta Art Fair」、ニューヨーク
「I’m Good」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2009 「Really Really Big」NP3、オランダ・フローニンゲン
2007 「Flaming Log」Carmelitas Gallery、バルセロナ
「Piece by Piece」curated by Marti Peran, Galeria dels Angels、バルセロナ
2006 「SMCS op 11」、アムステルダム
2005 「Neen Season」Sketch、ロンドン
2004 「It Will Never be the Same」Quarantine、アムステルダム
「New Rafael」M+R Gallery、ロンドン
2002 「White Trash」Electronic Orphanage、ロサンゼルス

Group Exhibition

2022 「Observation」Navy’s Officer’s Club - Venice Meeting Point、ヴェネツィア
「伊勢周平、大山エンリコイサム、細倉真弓、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2021-2022 「Histoires d’abstraction, le cauchemar de Greenberg 」Fondation d'entreprise Pernod Ricard、パリ
「La realtà, i linguaggi」Galleria Enrico Astuni、ボローニャ
「Group Show: 6 Artists」日本橋三越本店 、東京
2021 「特別展示|岡﨑乾二郎、大山エンリコイサム、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
2020 「Good Pictures」Deitch Gallery、ニューヨーク
「Quiet, Calm, Staring」Upstream Gallery、アムステルダム (curator)
「Cultural Matter」LIMA、アムステルダム
2019 「Trouble in Paradise, collection Rattan Chadha」Kunsthal、ロッテルダム
「特別展示: 山下麻衣+小林直人、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
「Drawing:Manner | 岡﨑乾二郎、大山エンリコイサム、川人綾、牧口英樹、村山悟郎、ラファエル・ローゼンダール」Takuro Someya Contemporary Art、東京
「Freedom of Movement」Takuro Someya Contemporary Art, 東京
「TSCA Collection | Foresights and Flow」Takuro Someya Contemporary Art, 東京
2018 「Programmed: Rules, Codes, and Choreographies in Art, 1965–2018」Whitney Museum of American Art、ニューヨーク
「Freedom of Movement: Municipal Art Acquisitions」Stedelijk Museum、アムステルダム
「The Most Contemporary Painting Show」Dordrecht Museum、オランダ
「Mapping the Invisible」Yebisu International Festival for Arts & Alternative Visions, TOP Museum、東京
「Colour & Abstraction: Generations in Dialogue」Textile Museum、オランダ
2017 「Stedelijk Base」Stedelijk Museum、アムステルダム
「Choice and Chance」Eye Film Museum、アムステルダム
「Art from the Hugo Brown Family Collection」Kunsthal、ロッテルダム
「Sleep Mode: The Art of the Screensaver」Nieuwe Instituut、ロッテルダム
「Kenpoku Art Festival」、茨城
「Hello Robot」Vitra Museum、ドイツ
「Cubicles」Foam Museum、アムステルダム
「Popular Screen Sizes」 Japan Creative Centre (JCC)、シンガポール
「Insomnia」Bonniers Konsthall、ストックホルム
2016 「Kenpoku Art Festival」(茨城)
「BYOB」Stedelijk Museum、アムステルダム
「Doings & Knots」Tallin Art Hall、エストニア
「Dialogue with Something Invisible」Artium、福岡
「New Gameplay」Nam June Paik Art Center、ソウル
「Digital Abstraction」HeK (House of Electronic Arts Basel)、バーゼル・スイス
「Unknown Landscape」Upstream Gallery、アムステルダム
2015 「STRP Biennial」、オランダ
「Much Better Than This」、Time Square ニューヨーク
2014 「Born Digital」Stedelijk Museum Breda、オランダ
「The Moving Museum」、イスタンブール
「Selected Websites」Hammer Museum、ロサンゼル
「Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake」Honor Fraser Gallery、ロサンゼルス
「光るグラフィック展」クリエイションギャラリーG8、東京
「Looking at Something」Telfair Museum、アメリカ・ジョージア州
2013 「Paddles On!」Curated by Lindsay Howard, Phillips、ニューヨーク
「BYOB Mobile」Printed Matter、ニューヨーク
「新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク」川崎市民ミュージアム、神奈川
「Cold Void」KK Outlet、ロサンゼルス
「6 Websites」Arranged by Mark Brown, Salon94 Bowery、ニューヨーク
「Book Machine」Centre Pompidou、パリ
Node Festival, Kunstverein Frankfurt、ドイツ
「#FutureMyth」319 Scholes、ニューヨーク
「Brand Innovations」Carroll/Fletcher、ロンドン
「Notes on a New Nature」Art et Amicitae、アムステルダム
2012 「Nova」Museu da Imagem e do Som (MIS)、サンパウロ
「DLD Conference」、ドイツ
2011 「BYOB: Games」Postmasters Gallery、ニューヨーク
「Extimacy」CACT、スイス・ルガーノ
「BYOB Amsterdam」W139、アムステルダム
「BYOB Tokyo」、東京
「BYOB Venezia」Venice Biennial、イタリア・ベネツィア
「File Festival」、リオデジャネイロ
「Rhizome at the Armory」、ニューヨーク
「BYOB Paris」パリ
「BYOB London」、ロンドン
「Rojo Nova Festival」、リオデジャネイロ
「DLD Conference」、ドイツ・ミュンヘン
2010 「Speedshow/PeepShow」香港
「BYOB NYC」Spencer Brownstone Gallery、ニューヨーク
「Bal Jaune Ricard」、パリ
「BYOB Athens」Kunsthalle Athena、ギリシャ・アテネ
「Speedshow」、アムステルダム
「Happy is a Place」、メキシコシティー
「Taipei Art Fair with Takuro Someya Contemporary Art」、台湾
「BYOB (Bring Your Own Beamer)」、ベルリン
「Binary Code View」The Agency、ロンドン
「Kunsthalle Athena」アテネ
「Multiplex」、ミュンヘン
「Preferiría (si) Hacerlo」、コロンビア・ボゴタ
「Texture Maps」Nest、オランダ・ハーグ
「Circa Art Fair」 Preteen Gallery、プエルトリコ
「Better Brain: Projected Manifestations of Futurity」Future Gallery、ベルリン
「Don’t Worry, Be Happy!」MAMA (Media of Moving Art)、ロッテルダム
2009 「The Last Session」、アムステルダム
「AFK Sculpture Park (Away from Keyboard)」、ベルリン
「Afficha Festival」、モスクワ
「Biennale di Venezia」 Padiglione Internet、ベニス
「The New Easy」Art News、ベルリン
「Are you sure you are you?」Spencer Brownstone Gallery、ニューヨーク
「101 Art Fair Project Room」Curated by Kosuke Fujitaka、東京
「Straylight Cavern」Cell Project Space、ロンドン
「The Real Thing」MU artspace、オランダ・アイントホーフェン
2008 「Love Delirium」Kunstraum Niederoesterreich、ウィーン
「FILE」、サンパウロ
「Rhizome Commissions」New Museum、ニューヨーク
「Point of No Return」Rubicon Gallery、ダブリン
「The Long Cigarette」11、アムステルダム
「Webcra.sh」Pictura、オランダ
2007 「Dazed & Confused vs. Andy Warhol」Baltic Mill、イングランド
「Existential Computing」Hayward Gallery、ロンドン
「Much Better Than This」Horsecross、オーストラリア
2006 「Neen Evening」、アムステルダム
「Unlike the Rest」Liquid Room、東京
「Neen Demo」Benaki Museum、アテネ
「KunstRAI Art Fair」GMVZ、アムステルダム
「Superneen」Galleria Pack、ミラン
「ARCO with Galeria Dels Angels」、マドリッド
「Inside Out」fondsbkvb、アムステルダム
2005 「Loop of Neen」Loop Festival、バルセロナ
「Bienal de Valencia」、スペイン
「Sonar Festival」、バルセロナ
「It Will Never be the Same」Le Magasin、フランス
2004 「Neen Porn」Galeria dels Angels、バルセロナ
「New Masters of Universe」Moca Taipei、台湾
「NeenToday」MU art foundation、オランダ
「I am Very Very Sorry」Gallery MVZ、アムステルダム
2002 「Afterneen」casco、オランダ・ユトレヒト
「Neen World」Vilette Numerique、パリ
「WhitneyBiennial.com」、ニューヨーク
2001 「Biennale.net」Deitch Projects、ニューヨーク
「Tirana Biennale」、アルバニア

Publication

2020 "HOME ALONE" ( Three Star Books, パリ )
2019 "haiku book 2018" (Spheres Publication, ロンドン)
”Everything, Always, Everywhere (my first monograph)" (Valiz, アムステルダム)
2016 "haiku book 2016" (Idea Books, アムステルダム)
"Abstract Browsing" (The Printed Web,ニューヨーク)

Collection

Others

アートフェア
2016 Kenpoku Art Festival、茨城

ラファエル・ローゼンダール:個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」開催(十和田市現代美術館)&「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」(東京都写真美術館)参加

「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」

ラファエル・ローゼンダール個展「On And On」、カール・コスティアールギャラリー

    Artist

    ラファエル・ローゼンダール : "External Memory" upstream Gallery Amsterdam

      Artist

      ラファエル・ローゼンダール:"Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake" Honor Fraser Gallery

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:”光るグラフィック展” クリエイションギャラリー G8

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:"新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク" 川崎市民ミュージアム

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:"If no yes" Vacant

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:最新ニュース

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:"Decenter" the Centenary of the 1913 Armory Show

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:"Book Machine" ポンピドゥーセンター, パリ

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:カルバン・クライン ジャパンとのコラボレーション

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:"Everytihng Alway Everywhere" Stave Tuner Contemporary

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:ビデオプログラム参加

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:NOKIA 新CM出演

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:New iPhone アプリ『Finger Battle』

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:最新ニュース

          scroll to top