Close
  • “Every single pine needle, every grain of sand at the beach, every fog in the dark woods…,” 2016, Acrylic on canvas, H 210 x W 210 x D 7 cm

  • “‘Who is it, and what have you come here for.’ The mountain stream water slipping quietly through the mossy crag was always cool and clear,…,” 2016, Acrylic paint on canvas, H 235 x W 201.5 x D 7 cm

  • “I suspect you will dry out this water, or otherwise drink it down. But the water will absolutely not perish. The water simply changed form and moved on…,” 2016, Acrylic on canvas, H 210 x W 260 x D 7 cm

  • “Broom of empty space/ Aufheben,” 2016, Acrylic on canvas with wooden frame, H 25 x W 18 x D 3 cm

  • Installation view from solo exhibition “Kenjiro Okazaki,” 2016, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

  • “Logos / Beat ice in the quest for fire, point to heaven to receive fish,” 2016, Acrylic on canvas with wooden frame, H 18 × W 23 × D 6.5 cm

  • “Ten figures borne from the navel / Vishnu,” 2016, Acrylic on canvas with wooden frame, H 18 × W 23 × D 6.5 cm

  • “Tieholtsodi ’s back / Moon and sun still in the swamp,” 2016, Acrylic on canvas with wooden frame, H 29.5 x W 22 x D 6.5 cm

  • “Land of Po pay / Old man’s clay,” 2016, Acrylic on canvas with wooden frame, H 22 × W 29.5 × D 6.5 cm

  • “Nestle in the mistletoe (your first shave),” 2016, Acrylic on canvas with wooden frame, H 18 × W 25 x D 6.5 cm

Profile

  岡﨑乾二郎は、1955年東京生まれ。1982年 パリ・ビエンナーレ招聘以来、数多くの国際展に出品。
「灰塚アースワーク・プロジェクト」、「なかつくに公園」等のランドスケープ設計、
1994〜1995年「戦後日本の前衛美術—Scream Against The Sky」グッゲンハイム美術館・サンフランシスコ近代美術館、
2002年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(日本館ディレクター)、
2007年 現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーションなど、つねに先鋭的な芸術活動を展開してきた。
東京都現代美術館(2009~2010年)における特集展示では、1980年代の立体作品から最新の絵画まで俯瞰。
2014年BankART1929「かたちの発語展」では、彫刻やタイルを中心に最新作を発表した。

Awards

Solo Exhibitions

2017 「’Things’ never die. It only changes its form.」、A-things、東京
2016 Takuro Someya Contemporary Art、東京
2016 南天子画廊、東京
2016 「POST/UMUM=OCT/OPUS」展、風の沢ミュージアム、宮崎

Group Exhibition

2018 「起点としての80年代」、金沢21世紀美術館、石川
2015 「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」、東京都現代美術館、東京
2015 Takuro Someya Contemporary Art、東京
2014 「かたちの発語展」、BankART1929、神奈川

Publication

2014 「ルネサンス 経験の条件」、文春学藝ライブラリー、文藝春秋
2004 「れろれろくん」、小学館
2004 「ぽぱーぺぽぴぱっぷ」、クレヨンハウス

Collection

  愛知県美術館
いわき市立美術館
大分市美術館
大阪市立近代美術館建設準備室
大原美術館
岡崎市美術博物館
北九州市立美術館
国立国際美術館
セゾン現代美術館
世田谷美術館
高橋コレクション
高松市美術館
タグチ・アートコレクション
千葉市美術館
東京都現代美術館
東京国立近代美術館
富山県立近代美術館
豊田市美術館
兵庫県立近代美術館
広島市現代美術館
文化庁
ベネッセアートサイト直島
三鷹市
 
 
広島県立女子大学
ファーレ立川(立川市)
福山市
ゆめおおおかアートプロジェクト(横浜市)

Others

アートフェア
2017 アートバーゼルマイアミ
アートステージシンガポール
2016 アートフェアトーキョー
2014 アートバーゼルホンコン
キュレーション
2017 「岡﨑乾二郎の認識 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」、豊田市美術館、愛知

Profile

  岡﨑乾二郎は、1955年東京生まれ。1982年 パリ・ビエンナーレ招聘以来、数多くの国際展に出品。
「灰塚アースワーク・プロジェクト」、「なかつくに公園」等のランドスケープ設計、
1994〜1995年「戦後日本の前衛美術—Scream Against The Sky」グッゲンハイム美術館・サンフランシスコ近代美術館、
2002年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(日本館ディレクター)、
2007年 現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーションなど、つねに先鋭的な芸術活動を展開してきた。
東京都現代美術館(2009~2010年)における特集展示では、1980年代の立体作品から最新の絵画まで俯瞰。
2014年BankART1929「かたちの発語展」では、彫刻やタイルを中心に最新作を発表した。

Awards

Solo Exhibitions

2017 「’Things’ never die. It only changes its form.」、A-things、東京
2016 Takuro Someya Contemporary Art、東京
2016 南天子画廊、東京
2016 「POST/UMUM=OCT/OPUS」展、風の沢ミュージアム、宮崎

Group Exhibition

2018 「起点としての80年代」、金沢21世紀美術館、石川
2015 「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」、東京都現代美術館、東京
2015 Takuro Someya Contemporary Art、東京
2014 「かたちの発語展」、BankART1929、神奈川

Publication

2014 「ルネサンス 経験の条件」、文春学藝ライブラリー、文藝春秋
2004 「れろれろくん」、小学館
2004 「ぽぱーぺぽぴぱっぷ」、クレヨンハウス

Collection

  愛知県美術館
いわき市立美術館
大分市美術館
大阪市立近代美術館建設準備室
大原美術館
岡崎市美術博物館
北九州市立美術館
国立国際美術館
セゾン現代美術館
世田谷美術館
高橋コレクション
高松市美術館
タグチ・アートコレクション
千葉市美術館
東京都現代美術館
東京国立近代美術館
富山県立近代美術館
豊田市美術館
兵庫県立近代美術館
広島市現代美術館
文化庁
ベネッセアートサイト直島
三鷹市
 
 
広島県立女子大学
ファーレ立川(立川市)
福山市
ゆめおおおかアートプロジェクト(横浜市)

Others

アートフェア
2017 アートバーゼルマイアミ
アートステージシンガポール
2016 アートフェアトーキョー
2014 アートバーゼルホンコン
キュレーション
2017 「岡﨑乾二郎の認識 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」、豊田市美術館、愛知

岡﨑乾二郎:「熊谷守一 生きるよろこび」講演会(東京国立近代美術館)


東京国立近代美術館(竹橋)にて開催されている「熊谷守一 生きるよろこび」の関連イベントで、1月13日(土)14:00より岡﨑乾二郎が講演いたします。

————————————

【イベント概要】
講演会「モリカズについて、いま語れることの全て」
日時:1月13日(土)14:00〜15:30(開場は開演の30分前)
場所:東京国立近代美術館講堂(地下1階)
講師:岡﨑乾二郎(造形作家、批評家)
詳細:先着150名*
———————————— 
 

————————————
【展覧会概要】
「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」
会  場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
期  間:2017年12月1日(金)〜2018年3月21日(水・祝)
休 館 日:月曜日(ただし 1月8日、2月12日は開館)、年末年始(12月28日~2018年1月1日)、1月9日(火)、2月13日(火)
開館時間:10:00〜17:00(金、土曜日は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
観 覧 料:一般 1,400円(1,000円)/大学・専門学校生 900円(600円)/高校生 400円(200円)
*( )内は20名以上の団体料金、*中学生以下、障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
展覧会ウェブサイト:http://kumagai2017.exhn.jp
————————————

    岡﨑乾二郎:Art Basel Miami Beach 2017


    【Art Basel Miami Beach 2017出展のお知らせ】
     
     
    Takuro Someya Contemporary Artは2017年12月7日(木)からアメリカ・フロリダ州のマイアミビーチで開催されるArt Basel Miami Beach 2017に出展いたします。
     
    今回、アーティストのキャリアを問わず3年以内に制作された作品を発表するセクションのNova Sectorにて、岡﨑乾二郎の個展形式で新作絵画を発表いたします。
     
    ———————————–
    Art Basel Miami Beach 2017
     
    一般公開:
    12月7日(木)15:00〜20:00(ベルニサージュ:11:00〜15:00 *招待制)
    12月8日(金)12:00〜20:00
    12月9日(土)12:00〜20:00
    12月10日(日)12:00〜18:00
     
    会場:
    Miami Beach Convention Center
    1901 Convention Center Drive
    Miami Beach, FL 33139
     
    ブース番号:
    N24
     
    Art Basel Miami Beach 2017 Official Website:
    https://www.artbasel.com/miami-beach

    岡﨑乾二郎:「カイダンの女」


    京都市のnowakiにて、7月14日(金)~7月23日(日)おかざき乾じろと詩人・ぱくきょんみの展覧会「カイダンの女」が開催されます。
     

    ———————————
    「カイダンの女」
     
    整  形:おかざき乾じろ
    テキスト:ぱくきょんみ
    会  期:2017年7月14日(金) – 7月23日(日) 
    時  間:11:00 – 19:00
    会  場:nowaki
    〒606-8386 京都府京都市左京区川端通仁王門下ル新丸太町49-1

      岡崎乾二郎:「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」講演会(豊田市美術館)


      豊田市美術館にて4月22日(土)〜6月11日(日)まで開催中の岡﨑乾二郎が企画監修を務めた展覧会「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」にて、5月14日(日)14時より、岡﨑による講演会が行われます。
       
      講演会「抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」
      講師:岡崎乾二郎(本展監修者、造形作家)
      会場:美術館1階講堂(定員172名、先着順、聴講無料)
      日時:5月14日(日) 14:00-(開場は13:30-)
         美術館1階講堂(先着172名)事前申込不要
       
      また、本展覧会について福永信氏によるレビューが関西圏のカルチャーイベントに関するウェブマガジン「REALKYOTO」(下記リンク)にてご覧いただけます。
       
      http://realkyoto.jp/review/abstract-art-as-impac/
        
      戦前から現代までの「抽象芸術」の歴史を俯瞰した本展覧会をわかりやすく紐解いた内容となっております。
       
      —————————————————————————
      【展覧会概要】
      「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」
      http://www.museum.toyota.aichi.jp/…/20…/special/okazaki.html
        
      会  場:豊田市美術館 展示室1~4
      期  間:4月22日(土)〜6月11日(日)
      休 館 日:月曜日(5月1日は開館)
      開館時間:10:00~17:30(入場は17:00まで)
      主  催:豊田市美術館
      観 覧 料:一般800円(700円)/高大生500円(400円)/中学生以下無料 *( )内は20名以上の団体料金、*障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)、豊田市内在住・在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)

      企画監修:岡﨑乾二郎(造形作家)

        —————————————————————————

        岡﨑乾二郎:「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」


        岡﨑乾二郎が企画監修を務めた展覧会「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」が豊田市美術館にて2017年4月22日(土)〜6月11日(日)まで開催されます。岡﨑は自身の作品制作の一方で、長きにわたる芸術・文化全般における研究を通して得られた広範な知識をもとに、美術作品および美術史に対する新たな解釈を提示してきました。この度、1995年の開館以来、20年以上にわたる活動を通して形成された豊田市美術館のコレクションを通して岡﨑が近代美術史を大胆に解明していく機会となります。美術・建築・文芸など、幅広い分野で常に先鋭的な創作活動を行う岡﨑の独自の視点により展開される当展覧会にどうぞご期待ください。

        本展の公式サイトから岡﨑の抽象に関する論考のPDFがダウンロードできますので、是非ご覧ください。
        展覧会公式サイト:http://abstract-art-as-impact.org

        —————————————————————————
        「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」
        http://www.museum.toyota.aichi.jp/…/20…/special/okazaki.html

        会場:豊田市美術館 展示室1~4
        期間:2017年4月22日(土)〜6月11日(日)
        休館日:月曜日(5月1日は開館)
        開館時間:10:00~17:30(入場は17:00まで)
        主  催:豊田市美術館
        観 覧 料:一般800円(700円)/高大生500円(400円)/中学生以下無料
         *( )内は20名以上の団体料金、*障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)、豊田市内在住・在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上は無料[要証明]
        企画監修:岡﨑乾二郎(造形作家)
        —————————————————————————

        岡﨑乾二郎:「熊谷守一 生きるよろこび」講演会(東京国立近代美術館)


        東京国立近代美術館(竹橋)にて開催されている「熊谷守一 生きるよろこび」の関連イベントで、1月13日(土)14:00より岡﨑乾二郎が講演いたします。

        ————————————

        【イベント概要】
        講演会「モリカズについて、いま語れることの全て」
        日時:1月13日(土)14:00〜15:30(開場は開演の30分前)
        場所:東京国立近代美術館講堂(地下1階)
        講師:岡﨑乾二郎(造形作家、批評家)
        詳細:先着150名*
        ———————————— 
         

        ————————————
        【展覧会概要】
        「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」
        会  場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
        期  間:2017年12月1日(金)〜2018年3月21日(水・祝)
        休 館 日:月曜日(ただし 1月8日、2月12日は開館)、年末年始(12月28日~2018年1月1日)、1月9日(火)、2月13日(火)
        開館時間:10:00〜17:00(金、土曜日は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
        観 覧 料:一般 1,400円(1,000円)/大学・専門学校生 900円(600円)/高校生 400円(200円)
        *( )内は20名以上の団体料金、*中学生以下、障がい者手帳等をご提示の方とその付添者(1名)は無料。
        展覧会ウェブサイト:http://kumagai2017.exhn.jp
        ————————————

          岡﨑乾二郎:Art Basel Miami Beach 2017


          【Art Basel Miami Beach 2017出展のお知らせ】
           
           
          Takuro Someya Contemporary Artは2017年12月7日(木)からアメリカ・フロリダ州のマイアミビーチで開催されるArt Basel Miami Beach 2017に出展いたします。
           
          今回、アーティストのキャリアを問わず3年以内に制作された作品を発表するセクションのNova Sectorにて、岡﨑乾二郎の個展形式で新作絵画を発表いたします。
           
          ———————————–
          Art Basel Miami Beach 2017
           
          一般公開:
          12月7日(木)15:00〜20:00(ベルニサージュ:11:00〜15:00 *招待制)
          12月8日(金)12:00〜20:00
          12月9日(土)12:00〜20:00
          12月10日(日)12:00〜18:00
           
          会場:
          Miami Beach Convention Center
          1901 Convention Center Drive
          Miami Beach, FL 33139
           
          ブース番号:
          N24
           
          Art Basel Miami Beach 2017 Official Website:
          https://www.artbasel.com/miami-beach

          岡﨑乾二郎:「カイダンの女」


          京都市のnowakiにて、7月14日(金)~7月23日(日)おかざき乾じろと詩人・ぱくきょんみの展覧会「カイダンの女」が開催されます。
           

          ———————————
          「カイダンの女」
           
          整  形:おかざき乾じろ
          テキスト:ぱくきょんみ
          会  期:2017年7月14日(金) – 7月23日(日) 
          時  間:11:00 – 19:00
          会  場:nowaki
          〒606-8386 京都府京都市左京区川端通仁王門下ル新丸太町49-1

            岡崎乾二郎:「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」講演会(豊田市美術館)


            豊田市美術館にて4月22日(土)〜6月11日(日)まで開催中の岡﨑乾二郎が企画監修を務めた展覧会「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」にて、5月14日(日)14時より、岡﨑による講演会が行われます。
             
            講演会「抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」
            講師:岡崎乾二郎(本展監修者、造形作家)
            会場:美術館1階講堂(定員172名、先着順、聴講無料)
            日時:5月14日(日) 14:00-(開場は13:30-)
               美術館1階講堂(先着172名)事前申込不要
             
            また、本展覧会について福永信氏によるレビューが関西圏のカルチャーイベントに関するウェブマガジン「REALKYOTO」(下記リンク)にてご覧いただけます。
             
            http://realkyoto.jp/review/abstract-art-as-impac/
              
            戦前から現代までの「抽象芸術」の歴史を俯瞰した本展覧会をわかりやすく紐解いた内容となっております。
             
            —————————————————————————
            【展覧会概要】
            「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」
            http://www.museum.toyota.aichi.jp/…/20…/special/okazaki.html
              
            会  場:豊田市美術館 展示室1~4
            期  間:4月22日(土)〜6月11日(日)
            休 館 日:月曜日(5月1日は開館)
            開館時間:10:00~17:30(入場は17:00まで)
            主  催:豊田市美術館
            観 覧 料:一般800円(700円)/高大生500円(400円)/中学生以下無料 *( )内は20名以上の団体料金、*障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)、豊田市内在住・在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)

            企画監修:岡﨑乾二郎(造形作家)

              —————————————————————————

              岡﨑乾二郎:「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」


              岡﨑乾二郎が企画監修を務めた展覧会「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」が豊田市美術館にて2017年4月22日(土)〜6月11日(日)まで開催されます。岡﨑は自身の作品制作の一方で、長きにわたる芸術・文化全般における研究を通して得られた広範な知識をもとに、美術作品および美術史に対する新たな解釈を提示してきました。この度、1995年の開館以来、20年以上にわたる活動を通して形成された豊田市美術館のコレクションを通して岡﨑が近代美術史を大胆に解明していく機会となります。美術・建築・文芸など、幅広い分野で常に先鋭的な創作活動を行う岡﨑の独自の視点により展開される当展覧会にどうぞご期待ください。

              本展の公式サイトから岡﨑の抽象に関する論考のPDFがダウンロードできますので、是非ご覧ください。
              展覧会公式サイト:http://abstract-art-as-impact.org

              —————————————————————————
              「岡﨑乾二郎の認識 ― 抽象の力―現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」
              http://www.museum.toyota.aichi.jp/…/20…/special/okazaki.html

              会場:豊田市美術館 展示室1~4
              期間:2017年4月22日(土)〜6月11日(日)
              休館日:月曜日(5月1日は開館)
              開館時間:10:00~17:30(入場は17:00まで)
              主  催:豊田市美術館
              観 覧 料:一般800円(700円)/高大生500円(400円)/中学生以下無料
               *( )内は20名以上の団体料金、*障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)、豊田市内在住・在学の高校生、豊田市内在住の75歳以上は無料[要証明]
              企画監修:岡﨑乾二郎(造形作家)
              —————————————————————————

              scroll to top