Close
Artist

山下麻衣+小林直人:「旅-ちょっとそこまで、遠くまで」(千葉市美術館)


山下麻衣+小林直人は、7月14日〜9月9日まで千葉市美術館で開催されているコレクション展「旅-ちょっとそこまで、遠くまで」に参加しています。

 

山下+小林はコレクション展のテーマ「旅」に合わせ、《Rubbing a Camel》を出品しています。
また、8月11日(土・祝)には山の日にちなみ、作家によるワークショップ「行った山/行きたい山/空想の山」が行われます。

 

———————————
【展覧会概要】
「旅-ちょっとそこまで、遠くまで」

 

会  場:千葉市美術館
会  期:7月14日(土)〜9月9日(日)
開館時間:10:00〜18:00(金曜、土曜は20:00まで)
休 館 日:8月6日(月)、9月3日(金)
観 覧 料:一般 200円(160円)/大学生 150円(120円)
※( )内は団体30名様以上
※ 千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※ 同時開催「木版画の神様 平塚運一展」入場者は無料
展覧会ウェブサイト:

http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2018/0714_2/0714_2.html
———————————

 

———————————
【イベント概要】
山の日ワークショップ「行った山/行きたい山/空想の山」

 

日  時:8月11日(土・祝)13:30〜
会  場:千葉市美術館 9階講座室
定  員:20名
対  象:小学生以上
参 加 費:1000円
※要事前申込
———————————

Artist

山下麻衣+小林直人:Web版美術手帖にて服部浩之氏によるレビュー掲載


インディペンデントキュレーターの服部浩之氏による山下麻衣+小林直人個展「自然観察」(2018年5月12日〜6月23日)のレビューがWeb版美術手帖に掲載されました。

 

山下麻衣+小林直人「自然観察」展 観察という態度について

bijutsutecho.com/insight/17139/

 

 

Gallery

黒川良一:Web版美術手帖にて金子智太郎氏によるレビュー掲載


美学・聴覚文化論研究の金子智太氏郎による黒川良一個展「objectum」( 2018年3月24日〜4月28日)のレビューがWeb版美術手帖に掲載されました。

 

VJ空間を抜けて現れたシアトリカリティ 黒川良一「objectum」展:

https://bijutsutecho.com/insight/15218/

 

 

 

 

 

Artist

大山エンリコイサム:ZINE House(丸の内ハウス)


大山エンリコイサムは、4月23日〜5月20日まで新丸ビル7F「丸の内ハウス」で開催の《ZINE House》展に参加します。
大山は過去の個展カタログの表紙に直接ステンシルを吹いた限定カスタム版10点を展示・販売します。
 
参加アーティスト、クリエイター(五十音順、予定): 青崎伸孝、浅野忠信、泉太郎、伊藤桂司、植野隆司(テニスコーツ)、臼井良平、eri、大山エンリコイサム、 尾角典子、KYNE、GREEN FINGERS、五木田智央、小林エリカ、ヒロ杉山、題府基之、m-flo、田中麻記子、 谷尻誠、TOWA TEI、蜷川実花、野宮真貴、平林奈緒美、ウィスット・ポンニミット、増本泰斗、MADSAKI、 水原希子、山口一郎(サカナクション)、山田愛子、横山裕一、吉田ユニ、loveli、鷲尾怜、高橋幸宏、Takashi Kumagai ほか

 

—————————————————————————

the MOTHER of DESIGN @ (marunouchi)HOUSE 「ZINE House」

 

会  場:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル7階 丸の内ハウス

会  期:2018年4月23日(月)〜5月20日(日)

時  間:11:00〜23:00

Opening Event:2018年4月23日(月)19:00〜21:00

webサイト:http://www.marunouchi-house.com/event/2018/03/14677/

—————————————————————————

 

Artist

山下麻衣+小林直人:「New Japan」(Solyanka State Gallery)


5月12日からTSCAでも個展が始まる山下麻衣+小林直人が、4月27日からモスクワで開催されるグループ展「New Japan」に参加しています。
 
山下+小林は「infinity」「1000WAVES」「telepathy」の3作品を出品しています。
 
モスクワへご滞在される方、近郊にお住いのみなさま、ぜひ足をお運びください。
 
———————————
「New Japan」
 
会  場:Solyanka State Gallery
会  期:2018年4月27日(金)〜6月21日(木) 
参加作家:Haruyuki Ishii, Takashi Makino, Soichiro Mihara, Yuko Mohri, Ryo Orikasa, Aki Sasamoto, Akihiko Taniguchi, Sayaki Sayaka Shimada, Sayata Shimada, Lyota Yagi, Jinichi Yamaoka, Yasuaki Onishi, Mai Yamashita+Naoto Kobayashi, exonemo and SHIMURAbros.
展覧会ウェブサイト:http://new.solyanka.org 
 
—————————————

Artist

ラファエル・ローゼンダール:個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」開催(十和田市現代美術館)&「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」(東京都写真美術館)参加


ラファエル・ローゼンダールの個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」が十和田市現代美術館(青森県)にて2月10日(土)〜5月20日(日)まで開催されます。
ローゼンダールが美術館個展を開催するのは世界初となります。
 
また、東京都写真美術館にて2月9日(金)〜2月25日(日)まで開催される「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」に参加します。
 
両展覧会ともに作家によるトークイベントも開催されます。
十和田現代美術館では2月11日(日)13:00から、本展キュレーターの金澤 韻氏との対談が、
東京都写真美術館では2月12日(月)17:15からラウンジトークが行われます。
 
ぜひこの機会をお見逃しなきよう、足をお運びいただければ幸いです。
 
各展覧会の詳細は公式ウェブサイトをご覧ください:
 
「ジェネロシティ 寛容さの美学」
http://towadaartcenter.com/exh…/rafael-rozendaal-generosity/
 
「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」
https://www.yebizo.com/jp/

Artist

山下麻衣+小林直人:「旅-ちょっとそこまで、遠くまで」(千葉市美術館)


山下麻衣+小林直人は、7月14日〜9月9日まで千葉市美術館で開催されているコレクション展「旅-ちょっとそこまで、遠くまで」に参加しています。

 

山下+小林はコレクション展のテーマ「旅」に合わせ、《Rubbing a Camel》を出品しています。
また、8月11日(土・祝)には山の日にちなみ、作家によるワークショップ「行った山/行きたい山/空想の山」が行われます。

 

———————————
【展覧会概要】
「旅-ちょっとそこまで、遠くまで」

 

会  場:千葉市美術館
会  期:7月14日(土)〜9月9日(日)
開館時間:10:00〜18:00(金曜、土曜は20:00まで)
休 館 日:8月6日(月)、9月3日(金)
観 覧 料:一般 200円(160円)/大学生 150円(120円)
※( )内は団体30名様以上
※ 千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※ 同時開催「木版画の神様 平塚運一展」入場者は無料
展覧会ウェブサイト:

http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2018/0714_2/0714_2.html
———————————

 

———————————
【イベント概要】
山の日ワークショップ「行った山/行きたい山/空想の山」

 

日  時:8月11日(土・祝)13:30〜
会  場:千葉市美術館 9階講座室
定  員:20名
対  象:小学生以上
参 加 費:1000円
※要事前申込
———————————

Artist

山下麻衣+小林直人:Web版美術手帖にて服部浩之氏によるレビュー掲載


インディペンデントキュレーターの服部浩之氏による山下麻衣+小林直人個展「自然観察」(2018年5月12日〜6月23日)のレビューがWeb版美術手帖に掲載されました。

 

山下麻衣+小林直人「自然観察」展 観察という態度について

bijutsutecho.com/insight/17139/

 

 

Gallery

黒川良一:Web版美術手帖にて金子智太郎氏によるレビュー掲載


美学・聴覚文化論研究の金子智太氏郎による黒川良一個展「objectum」( 2018年3月24日〜4月28日)のレビューがWeb版美術手帖に掲載されました。

 

VJ空間を抜けて現れたシアトリカリティ 黒川良一「objectum」展:

https://bijutsutecho.com/insight/15218/

 

 

 

 

 

Artist

大山エンリコイサム:ZINE House(丸の内ハウス)


大山エンリコイサムは、4月23日〜5月20日まで新丸ビル7F「丸の内ハウス」で開催の《ZINE House》展に参加します。
大山は過去の個展カタログの表紙に直接ステンシルを吹いた限定カスタム版10点を展示・販売します。
 
参加アーティスト、クリエイター(五十音順、予定): 青崎伸孝、浅野忠信、泉太郎、伊藤桂司、植野隆司(テニスコーツ)、臼井良平、eri、大山エンリコイサム、 尾角典子、KYNE、GREEN FINGERS、五木田智央、小林エリカ、ヒロ杉山、題府基之、m-flo、田中麻記子、 谷尻誠、TOWA TEI、蜷川実花、野宮真貴、平林奈緒美、ウィスット・ポンニミット、増本泰斗、MADSAKI、 水原希子、山口一郎(サカナクション)、山田愛子、横山裕一、吉田ユニ、loveli、鷲尾怜、高橋幸宏、Takashi Kumagai ほか

 

—————————————————————————

the MOTHER of DESIGN @ (marunouchi)HOUSE 「ZINE House」

 

会  場:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル7階 丸の内ハウス

会  期:2018年4月23日(月)〜5月20日(日)

時  間:11:00〜23:00

Opening Event:2018年4月23日(月)19:00〜21:00

webサイト:http://www.marunouchi-house.com/event/2018/03/14677/

—————————————————————————

 

Artist

山下麻衣+小林直人:「New Japan」(Solyanka State Gallery)


5月12日からTSCAでも個展が始まる山下麻衣+小林直人が、4月27日からモスクワで開催されるグループ展「New Japan」に参加しています。
 
山下+小林は「infinity」「1000WAVES」「telepathy」の3作品を出品しています。
 
モスクワへご滞在される方、近郊にお住いのみなさま、ぜひ足をお運びください。
 
———————————
「New Japan」
 
会  場:Solyanka State Gallery
会  期:2018年4月27日(金)〜6月21日(木) 
参加作家:Haruyuki Ishii, Takashi Makino, Soichiro Mihara, Yuko Mohri, Ryo Orikasa, Aki Sasamoto, Akihiko Taniguchi, Sayaki Sayaka Shimada, Sayata Shimada, Lyota Yagi, Jinichi Yamaoka, Yasuaki Onishi, Mai Yamashita+Naoto Kobayashi, exonemo and SHIMURAbros.
展覧会ウェブサイト:http://new.solyanka.org 
 
—————————————

Artist

ラファエル・ローゼンダール:個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」開催(十和田市現代美術館)&「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」(東京都写真美術館)参加


ラファエル・ローゼンダールの個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」が十和田市現代美術館(青森県)にて2月10日(土)〜5月20日(日)まで開催されます。
ローゼンダールが美術館個展を開催するのは世界初となります。
 
また、東京都写真美術館にて2月9日(金)〜2月25日(日)まで開催される「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」に参加します。
 
両展覧会ともに作家によるトークイベントも開催されます。
十和田現代美術館では2月11日(日)13:00から、本展キュレーターの金澤 韻氏との対談が、
東京都写真美術館では2月12日(月)17:15からラウンジトークが行われます。
 
ぜひこの機会をお見逃しなきよう、足をお運びいただければ幸いです。
 
各展覧会の詳細は公式ウェブサイトをご覧ください:
 
「ジェネロシティ 寛容さの美学」
http://towadaartcenter.com/exh…/rafael-rozendaal-generosity/
 
「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」
https://www.yebizo.com/jp/

12345...>>
scroll to top