Close
Past Exhibition

特別展示 | 大山エンリコイサム

7 March - 11 July, 2020

Venue : Takuro Someya Contemporary Art

  • Installation view, photo by Shu Nakagawa

  • Installation view, photo by Shu Nakagawa

  • Sculptured Portrait Series / FFIGURATI #63-#86 (a set of 24), 2013-14, (H)24.4cm x (W)18.5cm (each)

  • Sculptured Portrait Series / FFIGURATI #63-#86 (a set of 24), 2013-14, (H)24.4cm x (W)18.5cm (each)

  • Sculptured Portrait Series / FFIGURATI #63-#86 (a set of 24), 2013-14, (H)24.4cm x (W)18.5cm (each)


3月7日(土)より、Takuro Someya Contemporary Art(天王洲)にて大山エンリコイサム特別展示を開催いたします。

昨年ポーラ美術館(箱根)で発表した、横幅約9mに及ぶ大山にとって過去最大の大型絵画作品を再びご覧いただけます。また、ブックシリーズとして2013年に制作され、ファウンドオブジェクトの代表作ともいえる24点組み作品「Sculptured Portraits Series / FFIGURATI #63#86」が展示構成に加わります。2つの作品を通じて、大山のスタイルの特徴の一つが、絵画面を基に見てとれる、空間や時間のスケーラブルな魅力にあることを、感じていただける展示になっています。

大山エンリコイサム
1983年 東京生まれ。2009年 東京芸術大学美術研究科先端芸術表現専攻を修了。
エアロゾル・ライティングのヴィジュアルを再解釈したモティーフ「クイックターン・ストラクチャー」を起点にメディアを横断する表現を展開し、現代美術の領域で注目される。
大和日英基金(ロンドン)、マリアンナ・キストラー・ビーチ美術館(カンザス)、ポーラ美術館(箱根)、中村キース・ヘリング美術館(山梨)、タワー49ギャラリー(ニューヨーク)で個展を開催。著書に『アゲインスト・リテラシー―グラフィティ文化論』(LIXIL出版)、『ストリートアートの素顔―ニューヨーク・ライティング文化』(青土社)、『ストリートの美術―トゥオンブリからバンクシーまで』(講談社選書メチエ)、企画監修に『美術手帖』2017年6月号エアロゾル・ライティング特集、コラボレーションに「コム デ ギャルソン 2012S/S ホワイトドラマ」「シュウ ウエムラ ヴィジョン オブ ビューティー コレクション vol.02 オートストリート」がある。
2020年7月より藤沢市アートスペースにて個展「SPRAY LIKE THERE IS NO TOMORROW」が開催される。

 

「特別展示|大山エンリコイサム」

開催期間 2020年3月7日(土)- 7月11日(土)
休廊: 日曜・月曜・祝日

〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F TSCA

TEL 03-6712-9887 |FAX 03-4578-0318 |E-MAIL: gallery@tsca.jp

scroll to top