Close
Past Exhibition

村山悟郎|Painting Folding

19 December - 13 February, 2021

Venue : Takuro Someya Contemporary Art

  • 3D structure of the 2019-nCoV coronavirus spike, a target for vaccine against Covid-19. PDB 6VSB – reference image

  • Installation view from “Painting Folding”, 2021, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

  • Installation view from “Painting Folding”, 2021, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

  • Installation view from “Painting Folding”, 2021, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

Takuro Someya Contemporary Artは12月19日(土)より、村山悟郎の個展「Painting Folding」を開催いたします。
村山は2013年の企画展「淺井裕介、大山エンリコイサム、村山悟郎|生成のビジュアル–触発のつらなり」をはじめ、TSCAではグループショウの企画や参加をしてきました。本展覧会がTSCAでの初めての個展となります。

絵画を学んだ村山悟郎(1983-)は、「いかに世界は創発するか?」という現代の生命科学論的な思索を、身体や行為をともなった芸術実践へと拡張するアーティストです。
作家自身によって有機的に麻布を織り進め、織り上げられてできた描く領域へ線描を施すといった、その膨大な繰り返しによるペインティング作品で活動を開始し、その代表作となる3メートル近い織物の⼤型絵画2作品が東京都現代美術館へ収蔵され注目を集めました。
その後もセルオートマトン・ドローイング、要素をカットアップし組み替えた画像や映像など、発展する村山の多様なメディアによる作品群は、いずれも再帰的なルールを設定した上で、進化・学習・自己組織化など生命的なプロセスやパターンを組み込んできました。
村山は、現代科学の認識論において重要な位置を占めるコンピュータ・シミュレーションを中心的モチーフとし、「質料」をともなった制作(ポイエーシス)へと展開しています。
2019年にあいちトリエンナーレで発表された、AIによるバイオメトリクス(顔や歩容)の技術に着目し、機械が人間を検知するシステムをとおして、人間の知覚の在り方を逆照射する作品を発表して話題となりました。
近作では、科学者とのコラボレーションも重要な要素になっています。
2020年のパンデミックは、コンピュータやメディアによる人類の認識論的現状を露わにしたと言えるでしょう。
ウィルスや感染メカニズムの理解には、分子生物学やコンピュータ・シミュレーションの知見が欠かせない状況となり、感染防止対策やロックダウン下のコミュニケーションを支えていたのは、言うまでもなく情報通信技術です。
しかし、高度に専門化した緒科学とテクノロジーの狭間で、私たちの直観は困窮しています。
1人の人間が取得できる情報量と、とりうる行動の選択肢を、いかに結び合わせるか。この美学を、私たちはこれからどのようにアップデートしていけるかを村山の作品から読み取ることができるのではないでしょうか。
シミュレーションによる世界認識や、ネットワーク状の情報生成など、創発の科学はこの問いにおいてキー概念になるはずと、村山は見通します。

本個展にむけて村山は、代表作の織物絵画を展開させ、ウィルスの構造にも大きく関係する<たんぱく質のフォールディング>の三次元構造の折りたたみの生成過程を参照し、新作を発表します。科学技術の認識論を、人間のイマジネーションへと架橋する村山の芸術的実践は、現在的に重要な意味を持つはずです。


村山悟郎は1983年、東京生まれ。アーティスト。博士(美術)。東京芸術大学油画専攻/武蔵野美術大学油絵学科にて非常勤講師。東洋大学国際哲学研究センター客員研究員。自己組織的なプロセスやパターンを、絵画やドローイングをとおして表現しています。
2015年、東京芸術大学美術研究科博士後期課程美術専攻油画(壁画)研究領域修了。2015-17年、文化庁新進芸術家海外研修員としてウィーンにて滞在制作(ウィーン大学間文化哲学研究室客員研究員)。
近年の主な展覧会に、「21st Domani 明日展」国立新美術館(2019)、「瀬戸内国際芸術祭2019」男木島浜口邸、香川(2019)、「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」、愛知(2019)、「The museum of plastic nation」AISHONANZUKA、香港(2018)、「Emergence of Order」大和日英ジャパンハウス、ロンドン(2018)など。



展覧会概要:
村山悟郎|Painting Folding
会期:2020年12月19日(土)~ 2021年2月13日(土)
冬季休廊:2020年12月31日(木)〜2021年1月4日(月)
開廊:火〜金 11:00 – 18:00
休廊:日曜・月曜・祝日
会場:Takuro Someya Contemporary Art
〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F TSCA


*ご来場時はマスクの着用をお願いいたします。
*入り口にアルコールを設置し、入場および出場の際に手指の消毒をお願いしております。
*入場制限(同時入場は3名まで)を行なっております。
*以下の症状がある方はご来場をご遠慮くださいますようお願いいたします。
・37度以上の発熱がある
・風邪の症状(発熱、せき、くしゃみ、喉の痛みなど)がある
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある
・新型コロナウイルスと診断された、および診断された方と接触したことがある
・その他、体調に不安がある

Artist Profile

scroll to top