Close
Past Exhibition

Mai Yamashita + Naoto Kobayashi The Small Mountain

16 May - 27 June, 2009

Venue : TSCA Kashiwa

  • installation view at TSCA (Kashiwa), 2009

  • installation view at TSCA (Kashiwa), 2009

  • installation view at TSCA (Kashiwa), 2009

  • installation view at TSCA (Kashiwa), 2009

  • installation view at TSCA (Kashiwa), 2009

  • installation view at TSCA (Kashiwa), 2009

  • installation view at TSCA (Kashiwa), 2009


 

ドイツ・スイスを拠点に、2008年 ”Re-imagining Asia”, Haus der Kulturen der Welt (HKW)(ベルリン)、2007年 ”I Am Future Melancholic”, テートモダン(ロンドン)、”ビデオナーレ11″, ボン美術館(ドイツ)、2006年 ”ARS 06 -Sense of the Real”, キアズマ現代美術館(ヘルシンキ)トランスメディアーレ.06, アカデミエ・デア・キュンステ(ベルリン)など、ヨーロッパを中心に 世界各地で活躍するアーティスト・ユニット、山下麻衣+小林直人。

コントロールできない自然や動物と関わること。
繰り返され単調に感じる日常から、一歩レールを外れてみること。
疑問と向き合い、行動に移す少しの勇気と成し遂げる忍耐を持つこと。
山下+小林の制作過程は、小さな固定概念の山を飛び越える楽しさ(そこにある彼ら自身の「覚悟と忍耐」の現実をも軽やか?に飛び越え・・・)、私たちが見過ごしがちな、日常の中に溢れる小さな奇跡の輝きに、気づかせてくれます。効率化やハイテクノロジー社会とはおよそ程遠い山下麻衣+小林直人の試行錯誤の情熱と、奇想天外なユーモアから生まれる小さな奇跡の数々を、是非ご高覧いただけますと幸いです。

以下作家コメント
『私たちの制作は、毎度小さな山を越えるごとく進みます。
遠くもなく、何処か親しみを覚えるその山は、いつでも登れるように見える一方、平坦な日常からほんの少し登るには、それ相応の覚悟と忍耐を要します。
本展では、大地からはスプーンが生まれ、ライオンはフォンタナのごとくキャンバスを切り裂き、23台のラジコンはそりを牽引し雪降るベルリンの公園を疾走し、と数々の奇跡が実際の出来事として展開されます。
ときに強引に、またユーモアを交えながら、それら幾つかの小さな山に挑む2人の姿に、日常から一歩踏み外す勇気を感じ取っていただければ幸いと思います。
(ちなみに、二人の姓の一文字目を並べて英語にしても、”Small Mountain”となります。)』

scroll to top