Close

ラファエル ローゼンダール

  • Installation View of “Into Time” (series), 2018, Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions: Mapping the Invisible, Tokyo Photographic (TOP) Art Museum

  • Installation View of “Into Time” (series), 2018, Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions: Mapping the Invisible, Tokyo Photographic (TOP) Art Museum

  • Installation View of “Abstract Browsing,” 2018, Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions: Mapping the Invisible, Tokyo Photographic (TOP) Art Museum

  • Installation view from “Rafaël Rozendaal: Generosity,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “Rafaël Rozendaal: Generosity,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “Rafaël Rozendaal: Generosity,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “Abstract Browsing,” 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view of “Abstract Browsing” (Tapestries Series), 2018, Towada Art Center, Japan

  • Installation view from “RR Haiku” (series), 2018, Installation view, Towada Art Center, Japan

  • “RR Haiku 061,” 2018, Installation view, The Chain Museum at Towada Art Center

  • “Abstract Browsing 17 01 06 (Reddit),” 2017, Tapestry, H 200 x W 144 cm

  • “Abstract Browsing 17 01 05 (Twitter),” 2017, Tapestry, H 200 x W 144 cm

  • Installation view from “External Memory,” 2014, Upstream Gallery, Amsterdam

  • Installation view from “External Memory,” 2014, Upstream Gallery, Amsterdam

  • “Into Time 13 08 14,” 2013, Lenticular painting, Mounted and Framed, Unique, 36 x 48 inches

  • “Into Time 13 08 16,” 2013, Lenticular painting, Mounted and Framed, Unique, 36 x 48 inches

  • Installation view from “Everything You See Is In The Past,” 2013, Postmasters Gallery, New York

  • Installation view from “Illuminating Graphics,” 2013, Creation Gallery G8, Tokyo, Photo by Kiichiro Miyamoto

  • Installation view from “Illuminating Graphics,” 2013, Creation Gallery G8, Tokyo, Photo by Kiichiro Miyamoto

  • Installation view from “Illuminating Graphics,” 2013, Creation Gallery G8, Tokyo, Photo by Kiichiro Miyamoto

  • “Into Time 13 10 24,” 2013, Lenticular painting, Mounted and Framed, Unique, 36 x 48 inches

  • “Into Time with mirrors,” 2012, Mirrors, Computers, Projectors, Museu Imagem e Sol, São Paulo

  • “Without Hesitation,” 2012, Interactive art installation, Tokyo

  • Installation view from “I’m Good,” 2010, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

  • Installation view from “I’m Good,” 2010, Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo

  • “http://www.fromthedarkpast.com,” 2009, Website, Unique

  • “http://www.hybridmoment.com,” 2009, Website, Unique

  • “http://www.muchbetterthanthis.com,” 2006, The Stedelijk Museum Amsterdam

Profile

1980 オランダ生まれ

Awards

Solo Exhibitions

2018 "Generosity" Towada Art Center (青森)
"Portraits" Steve Turner(ロスアンゼルス)
2017 "Anti Social" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
"Convenient" Takuro Someya Contemporary Art(東京)
2016 "Complex Computational Compositions" Upstream Gallery(アムステルダム)
"Abstract Browsing" Steve Turner(ロスアンゼルス)
"Somewhere" Takuro Someya Contemporary Art(東京)
2015 "Soft Focus" MU artspace, Eindhoven(オランダ)
"Haiku" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
"Time Square Midnight Moment"(ニューヨーク)
"On And On" Carl Kostyál(ストックホルム)

2014
"Almost Nothing, Hardly Anything" Steve Turner(ロザンゼルス)
"External Memory," Upstream Gallery(アムステルダム)
Seoul Art Square(ソウル)
2013  "Everything You See Is In The Past" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
2012 "Everything Dies" Kunstverein Arnsberg(ドイツ・アルンスベルク)
"In and Out" Tetem(オランダ)
"Into Time" Museu da Imagem e do Som (MIS)(サンパウロ)
"Everything Always Everywhere" Steve Turner(ロサンゼルス)
"The Biggest Kiss in the World" Seoul Square(ソウル)
"Without Hesitation" Tabloid(東京)
2011 "New Information" Nordin Gallery(ストックホルム)
"In Motion" With Project Space(ニューヨーク)
"The Shift" W139(アムステルダム)
"To Walk The Night" Gloria Maria Gallery(ミラン)
2010 "Thank You Very Much" Future Gallery(ベルリン)
"Perfect Vacuum" Galeri Pictura(スウェーデン)
"Yes For Sure" NIMk(アムステルダム)
"Broken Self" Spencer Brownstone Gallery(ニューヨーク)
Volta Art Fair(ニューヨーク)
"I’m Good" Takuro Someya Contemporary Art(東京)
2009 "Really Really Big" NP3(オランダ・フローニンゲン)
2007 "Flaming Log" Carmelitas Gallery(バルセロナ)
"Piece by Piece" curated by Marti Peran, Galeria dels Angels(バルセロナ)
2006 "SMCS op 11"(アムステルダム)
2005 "Neen Season" Sketch(ロンドン)
2004 "It Will Never be the Same" Quarantine(アムステルダム)
"New Rafael" M+R Gallery(ロンドン)
2002 "White Trash" Electronic Orphanage(ロサンゼルス)

Group Exhibition

2018 "Programmed: Rules, Codes, and Choreographies in Art, 1965–2018" Whitney Museum of American Art(ニューヨーク)
"Freedom of Movement: Municipal Art Acquisitions" Stedelijk Museum(アムステルダム)
"The Most Contemporary Painting Show" Dordrecht Museum(オランダ)
"Mapping the Invisible" Yebisu International Festival for Arts & Alternative Visions, TOP Museum(東京)
"Colour & Abstraction: Generations in Dialogue" Textile Museum(オランダ)
2017 "Stedelijk Base" Stedelijk Museum(アムステルダム)
"Choice and Chance" Eye Film Museum(アムステルダム)
"Art from the Hugo Brown Family Collection" Kunsthal (ロッテルダム)
"Sleep Mode: The Art of the Screensaver" Nieuwe Instituut(ロッテルダム)
Kenpoku Art Festival(茨城)
"Hello Robot" Vitra Museum(ドイツ)
"Cubicles" Foam Museum(アムステルダム)
"Popular Screen Sizes" Japan Creative Centre (JCC)(シンガポール)
"Insomnia" Bonniers Konsthall(ストックホルム)
2016 Kenpoku Art Festival(茨城)
"BYOB" Stedelijk Museum(アムステルダム)
"Doings & Knots" Tallin Art Hall(エストニア)
"Dialogue with Something Invisible" Artium(福岡)
"New Gameplay" Nam June Paik Art Center(ソウル)
"Digital Abstraction" HeK (House of Electronic Arts Basel)(バーゼル・スイス)
"Unknown Landscape" Upstream Gallery(アムステルダム)
2015 STRP Biennial(オランダ)
2014 "Born Digital" Stedelijk Museum Breda (オランダ)
The Moving Museum(イスタンブール)
"Selected Websites" Hammer Museum (ロサンゼル)
"Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake" Honor Fraser Gallery(ロサンゼルス)
"光るグラフィック展" クリエイションギャラリーG8(東京)
"Looking at Something" Telfair Museum(アメリカ・ジョージア州)
2013 "Paddles On!" Curated by Lindsay Howard, Phillips(ニューヨーク)
"BYOB Mobile" Printed Matter(ニューヨーク)
"新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク" 川崎市民ミュージアム(神奈川)
"Cold Void" KK Outlet(ロサンゼルス)
"6 Websites" Arranged by Mark Brown, Salon94 Bowery(ニューヨーク)
"Book Machine" Centre Pompidou(パリ)
Node Festival, Kunstverein Frankfurt(ドイツ)
"#FutureMyth" 319 Scholes(ニューヨーク)
"Brand Innovations" Carroll/Fletcher(ロンドン)
"Notes on a New Nature" Art et Amicitae(アムステルダム)
2012 "Nova" Museu da Imagem e do Som (MIS)(サンパウロ)
"DLD Conference"(ドイツ)
2011 "BYOB: Games" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
"Extimacy" CACT(スイス・ルガーノ)
"BYOB Amsterdam" W139(アムステルダム)
"BYOB Tokyo"(東京)
"BYOB Venezia" Venice Biennial(イタリア・ベネツィア)
"File Festival"(リオデジャネイロ)
"Rhizome at the Armory"(ニューヨーク)
"BYOB Paris"(パリ)
"BYOB London"(ロンドン)
"Rojo Nova Festival"(リオデジャネイロ)
"DLD Conference"(ドイツ・ミュンヘン)
2010 "Speedshow/PeepShow"(香港)
"BYOB NYC" Spencer Brownstone Gallery(ニューヨーク)
"Bal Jaune Ricard"(パリ)
"BYOB Athens" Kunsthalle Athena(ギリシャ・アテネ)
"Speedshow"(アムステルダム)
"Happy is a Place"(メキシコシティー)
Taipei Art Fair with Takuro Someya Contemporary Art(台湾)
"BYOB (Bring Your Own Beamer)"(ベルリン)
"Binary Code View" The Agency(ロンドン)
"Kunsthalle Athena"(アテネ)
"Multiplex"(ミュンヘン)
"Preferiría (si) Hacerlo"(コロンビア・ボゴタ)
"Texture Maps" Nest(オランダ・ハーグ)
Circa Art Fair, Preteen Gallery(プエルトリコ)
"Better Brain: Projected Manifestations of Futurity" Future Gallery(ベルリン)
"Don’t Worry, Be Happy!" MAMA (Media of Moving Art)(ロッテルダム)
2009 "The Last Session"(アムステルダム)
"AFK Sculpture Park (Away from Keyboard)"(ベルリン)
"Afficha Festival"(モスクワ)
Biennale di Venezia, Padiglione Internet(ベニス)
"The New Easy" Art News(ベルリン)
"Are you sure you are you?" Spencer Brownstone Gallery(ニューヨーク)
"101 Art Fair Project Room" Curated by Kosuke Fujitaka(東京)
"Straylight Cavern" Cell Project Space(ロンドン)
"The Real Thing" MU artspace(オランダ・アイントホーフェン)
2008 "Love Delirium" Kunstraum Niederoesterreich(ウィーン)
"FILE"(サンパウロ)
"Rhizome Commissions" New Museum(ニューヨーク)
"Point of No Return" Rubicon Gallery(ダブリン)
"The Long Cigarette" 11(アムステルダム)
"Webcra.sh" Pictura(オランダ)
2007 "Dazed & Confused vs. Andy Warhol" Baltic Mill(イングランド)
"Existential Computing" Hayward Gallery(ロンドン)
"Much Better Than This" Horsecross(オーストラリア)
2006 "Neen Evening"(アムステルダム)
"Unlike the Rest" Liquid Room(東京)
"Neen Demo" Benaki Museum(アテネ)
KunstRAI Art Fair, GMVZ(アムステルダム)
"Superneen" Galleria Pack(ミラン)
"ARCO with Galeria Dels Angels"(マドリッド)
"Inside Out" fondsbkvb(アムステルダム)
2005 "Loop of Neen" Loop Festival(バルセロナ)
Bienal de Valencia(スペイン)
Sonar Festival(バルセロナ)
"It Will Never be the Same" Le Magasin(フランス)
2004 "Neen Porn" Galeria dels Angels(バルセロナ)
"New Masters of Universe" Moca Taipei(台湾)
"NeenToday" MU art foundation(オランダ)
"I am Very Very Sorry" Gallery MVZ(アムステルダム)
2002 "Afterneen" casco(オランダ・ユトレヒト)
"Neen World" Vilette Numerique(パリ)
"WhitneyBiennial.com"(ニューヨーク)
2001 "Biennale.net" Deitch Projects(ニューヨーク)
Tirana Biennale(アルバニア)

Publication

Collection

Others

Profile

1980 オランダ生まれ

Awards

Solo Exhibitions

2018 "Generosity" Towada Art Center (青森)
"Portraits" Steve Turner(ロスアンゼルス)
2017 "Anti Social" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
"Convenient" Takuro Someya Contemporary Art(東京)
2016 "Complex Computational Compositions" Upstream Gallery(アムステルダム)
"Abstract Browsing" Steve Turner(ロスアンゼルス)
"Somewhere" Takuro Someya Contemporary Art(東京)
2015 "Soft Focus" MU artspace, Eindhoven(オランダ)
"Haiku" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
"Time Square Midnight Moment"(ニューヨーク)
"On And On" Carl Kostyál(ストックホルム)

2014
"Almost Nothing, Hardly Anything" Steve Turner(ロザンゼルス)
"External Memory," Upstream Gallery(アムステルダム)
Seoul Art Square(ソウル)
2013  "Everything You See Is In The Past" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
2012 "Everything Dies" Kunstverein Arnsberg(ドイツ・アルンスベルク)
"In and Out" Tetem(オランダ)
"Into Time" Museu da Imagem e do Som (MIS)(サンパウロ)
"Everything Always Everywhere" Steve Turner(ロサンゼルス)
"The Biggest Kiss in the World" Seoul Square(ソウル)
"Without Hesitation" Tabloid(東京)
2011 "New Information" Nordin Gallery(ストックホルム)
"In Motion" With Project Space(ニューヨーク)
"The Shift" W139(アムステルダム)
"To Walk The Night" Gloria Maria Gallery(ミラン)
2010 "Thank You Very Much" Future Gallery(ベルリン)
"Perfect Vacuum" Galeri Pictura(スウェーデン)
"Yes For Sure" NIMk(アムステルダム)
"Broken Self" Spencer Brownstone Gallery(ニューヨーク)
Volta Art Fair(ニューヨーク)
"I’m Good" Takuro Someya Contemporary Art(東京)
2009 "Really Really Big" NP3(オランダ・フローニンゲン)
2007 "Flaming Log" Carmelitas Gallery(バルセロナ)
"Piece by Piece" curated by Marti Peran, Galeria dels Angels(バルセロナ)
2006 "SMCS op 11"(アムステルダム)
2005 "Neen Season" Sketch(ロンドン)
2004 "It Will Never be the Same" Quarantine(アムステルダム)
"New Rafael" M+R Gallery(ロンドン)
2002 "White Trash" Electronic Orphanage(ロサンゼルス)

Group Exhibition

2018 "Programmed: Rules, Codes, and Choreographies in Art, 1965–2018" Whitney Museum of American Art(ニューヨーク)
"Freedom of Movement: Municipal Art Acquisitions" Stedelijk Museum(アムステルダム)
"The Most Contemporary Painting Show" Dordrecht Museum(オランダ)
"Mapping the Invisible" Yebisu International Festival for Arts & Alternative Visions, TOP Museum(東京)
"Colour & Abstraction: Generations in Dialogue" Textile Museum(オランダ)
2017 "Stedelijk Base" Stedelijk Museum(アムステルダム)
"Choice and Chance" Eye Film Museum(アムステルダム)
"Art from the Hugo Brown Family Collection" Kunsthal (ロッテルダム)
"Sleep Mode: The Art of the Screensaver" Nieuwe Instituut(ロッテルダム)
Kenpoku Art Festival(茨城)
"Hello Robot" Vitra Museum(ドイツ)
"Cubicles" Foam Museum(アムステルダム)
"Popular Screen Sizes" Japan Creative Centre (JCC)(シンガポール)
"Insomnia" Bonniers Konsthall(ストックホルム)
2016 Kenpoku Art Festival(茨城)
"BYOB" Stedelijk Museum(アムステルダム)
"Doings & Knots" Tallin Art Hall(エストニア)
"Dialogue with Something Invisible" Artium(福岡)
"New Gameplay" Nam June Paik Art Center(ソウル)
"Digital Abstraction" HeK (House of Electronic Arts Basel)(バーゼル・スイス)
"Unknown Landscape" Upstream Gallery(アムステルダム)
2015 STRP Biennial(オランダ)
2014 "Born Digital" Stedelijk Museum Breda (オランダ)
The Moving Museum(イスタンブール)
"Selected Websites" Hammer Museum (ロサンゼル)
"Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake" Honor Fraser Gallery(ロサンゼルス)
"光るグラフィック展" クリエイションギャラリーG8(東京)
"Looking at Something" Telfair Museum(アメリカ・ジョージア州)
2013 "Paddles On!" Curated by Lindsay Howard, Phillips(ニューヨーク)
"BYOB Mobile" Printed Matter(ニューヨーク)
"新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク" 川崎市民ミュージアム(神奈川)
"Cold Void" KK Outlet(ロサンゼルス)
"6 Websites" Arranged by Mark Brown, Salon94 Bowery(ニューヨーク)
"Book Machine" Centre Pompidou(パリ)
Node Festival, Kunstverein Frankfurt(ドイツ)
"#FutureMyth" 319 Scholes(ニューヨーク)
"Brand Innovations" Carroll/Fletcher(ロンドン)
"Notes on a New Nature" Art et Amicitae(アムステルダム)
2012 "Nova" Museu da Imagem e do Som (MIS)(サンパウロ)
"DLD Conference"(ドイツ)
2011 "BYOB: Games" Postmasters Gallery(ニューヨーク)
"Extimacy" CACT(スイス・ルガーノ)
"BYOB Amsterdam" W139(アムステルダム)
"BYOB Tokyo"(東京)
"BYOB Venezia" Venice Biennial(イタリア・ベネツィア)
"File Festival"(リオデジャネイロ)
"Rhizome at the Armory"(ニューヨーク)
"BYOB Paris"(パリ)
"BYOB London"(ロンドン)
"Rojo Nova Festival"(リオデジャネイロ)
"DLD Conference"(ドイツ・ミュンヘン)
2010 "Speedshow/PeepShow"(香港)
"BYOB NYC" Spencer Brownstone Gallery(ニューヨーク)
"Bal Jaune Ricard"(パリ)
"BYOB Athens" Kunsthalle Athena(ギリシャ・アテネ)
"Speedshow"(アムステルダム)
"Happy is a Place"(メキシコシティー)
Taipei Art Fair with Takuro Someya Contemporary Art(台湾)
"BYOB (Bring Your Own Beamer)"(ベルリン)
"Binary Code View" The Agency(ロンドン)
"Kunsthalle Athena"(アテネ)
"Multiplex"(ミュンヘン)
"Preferiría (si) Hacerlo"(コロンビア・ボゴタ)
"Texture Maps" Nest(オランダ・ハーグ)
Circa Art Fair, Preteen Gallery(プエルトリコ)
"Better Brain: Projected Manifestations of Futurity" Future Gallery(ベルリン)
"Don’t Worry, Be Happy!" MAMA (Media of Moving Art)(ロッテルダム)
2009 "The Last Session"(アムステルダム)
"AFK Sculpture Park (Away from Keyboard)"(ベルリン)
"Afficha Festival"(モスクワ)
Biennale di Venezia, Padiglione Internet(ベニス)
"The New Easy" Art News(ベルリン)
"Are you sure you are you?" Spencer Brownstone Gallery(ニューヨーク)
"101 Art Fair Project Room" Curated by Kosuke Fujitaka(東京)
"Straylight Cavern" Cell Project Space(ロンドン)
"The Real Thing" MU artspace(オランダ・アイントホーフェン)
2008 "Love Delirium" Kunstraum Niederoesterreich(ウィーン)
"FILE"(サンパウロ)
"Rhizome Commissions" New Museum(ニューヨーク)
"Point of No Return" Rubicon Gallery(ダブリン)
"The Long Cigarette" 11(アムステルダム)
"Webcra.sh" Pictura(オランダ)
2007 "Dazed & Confused vs. Andy Warhol" Baltic Mill(イングランド)
"Existential Computing" Hayward Gallery(ロンドン)
"Much Better Than This" Horsecross(オーストラリア)
2006 "Neen Evening"(アムステルダム)
"Unlike the Rest" Liquid Room(東京)
"Neen Demo" Benaki Museum(アテネ)
KunstRAI Art Fair, GMVZ(アムステルダム)
"Superneen" Galleria Pack(ミラン)
"ARCO with Galeria Dels Angels"(マドリッド)
"Inside Out" fondsbkvb(アムステルダム)
2005 "Loop of Neen" Loop Festival(バルセロナ)
Bienal de Valencia(スペイン)
Sonar Festival(バルセロナ)
"It Will Never be the Same" Le Magasin(フランス)
2004 "Neen Porn" Galeria dels Angels(バルセロナ)
"New Masters of Universe" Moca Taipei(台湾)
"NeenToday" MU art foundation(オランダ)
"I am Very Very Sorry" Gallery MVZ(アムステルダム)
2002 "Afterneen" casco(オランダ・ユトレヒト)
"Neen World" Vilette Numerique(パリ)
"WhitneyBiennial.com"(ニューヨーク)
2001 "Biennale.net" Deitch Projects(ニューヨーク)
Tirana Biennale(アルバニア)

Publication

Collection

Others

ラファエル・ローゼンダール:個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」開催(十和田市現代美術館)&「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」(東京都写真美術館)参加


ラファエル・ローゼンダールの個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」が十和田市現代美術館(青森県)にて2月10日(土)〜5月20日(日)まで開催されます。
ローゼンダールが美術館個展を開催するのは世界初となります。
 
また、東京都写真美術館にて2月9日(金)〜2月25日(日)まで開催される「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」に参加します。
 
両展覧会ともに作家によるトークイベントも開催されます。
十和田現代美術館では2月11日(日)13:00から、本展キュレーターの金澤 韻氏との対談が、
東京都写真美術館では2月12日(月)17:15からラウンジトークが行われます。
 
ぜひこの機会をお見逃しなきよう、足をお運びいただければ幸いです。
 
各展覧会の詳細は公式ウェブサイトをご覧ください:
 
「ジェネロシティ 寛容さの美学」
http://towadaartcenter.com/exh…/rafael-rozendaal-generosity/
 
「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」
https://www.yebizo.com/jp/

「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」

「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」がいよいよ開幕します。開催期間は、9月17日より11月20日です。
本日9月16日(金)19:00頃からはKENPOKU ART 2016 前夜祭でラファエル・ローゼンダールの大型作品「from here to there」が日立シビックセンターの大壁面に上映されます。詳細は公式ウェブサイトにてご覧ください。 (https://goo.gl/Iom2tH)

ラファエル・ローゼンダール個展「On And On」、カール・コスティアールギャラリー


ストックホルムのカール・コスティアールギャラリーにてラファエル・ローゼンダールの個展「On And On」が2015年1月15日より2月12日まで開催されました。

 

展示の写真をラファエルのウェブサイトでご覧いただけます。

http://www.newrafael.com/on-and-on-exhibition-at-kostyal-stockholm/

    Artist

    ラファエル・ローゼンダール : "External Memory" upstream Gallery Amsterdam


    3月22日(土)〜4月26日(土)までアムステルダムのupstream Galleryにて個展が開催されます。
    お近くにお越しの際は是非お立ちより下さい。

     

    詳細はこちらからご確認下さい。

     

    “External Memory”
    会期:2014年3月22日(土)- 2014年4月26日(土)
    会場:upstream Gallery Amsterdam(オランダ・アムステルダム)
    オープニング:2014年3月22日(土) 17:00 – 20:00
    開廊:水曜日〜土曜日 13:00 – 18:00

      Artist

      ラファエル・ローゼンダール:"Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake" Honor Fraser Gallery


      ラファエル・ローゼンダールがロサンゼルスのHonor Fraser Galleryにてグループ展に参加しております。
      ロサンゼルスエリアにお越しの際は是非お立ち寄りください。

       

      詳細はこちらからご確認下さい。

       

      “Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake”
      Curated by Rhizome Editor and Curator Michael Connor and Nate Hitchcock.
      会期:2014年3月1日(土)- 2014年4月5日(土)
      会場:Honor Fraser Gallery(ロサンゼルス)

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:”光るグラフィック展” クリエイションギャラリー G8


        ラファエル・ローゼンダールがクリエイションギャラリーG8主催の「光るグラフィック展」に参加いたします。いまとこれからの時代を牽引する、グラフィックデザイナー、デジタルクリエイター、アーティストが参加し、「紙」と「ウェブ」あるいは「アナログ」と「デジタル」といった、メディアやテクノロジーや世代を超えた、独創的な表現者たちが競演する、初の「光る」グラフィック展となっております。

         

        詳細はこちらから

         

        ”光るグラフィック展”
        会期:2014年2月21日(金)〜2014年3月31日(月)
        会場:クリエイションギャラリー G8
        東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
        時間:11:00-19:00 日曜・祝日休館 入場無料
        オープニングパーティー:2014年2月21日(金)19:00−20:30

        出品作家   
        CMYK(グラフィック):勝井三雄、菊地敦己、佐藤可士和、新津保建秀、仲條正義、
        中村至男、服部一成、Vier5  
        RGB(スクリーン):qubibi、中村勇吾、二艘木洋行、萩原俊矢、渡邉朋也、
        Kim Asendorf、Rafaël Rozendaal

         

        【トークショー】
        第253回クリエイティブサロン 
        「CMYKとRGBをなめらかにつなぐ」
        日時:2014年2月22日(土) 17:00 – 18:30
        出演:勝井三雄 ラファエル・ローゼンダール
        モデレーター:田中良治 萩原俊矢
        同時通訳:ディヴィッド・ディヒーリ
        入場無料、要予約(TEL 03-6835-2260)

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:"新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク" 川崎市民ミュージアム


        ラファエル・ローゼンダールが川崎市民ミュージアムで行われるグループ展に参加いたします。詳細は下記をご覧ください。

        “新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク”
        会期:2013年7月20日(土)〜9月29日(日)
        場所:川崎市民ミュージアム、企画展示室1
        開館時間:9:30〜17:00
        休館日:月曜日
        アーティストトーク:7月20日(土)14:00〜
        http://www.kawasaki-museum.jp/25museum/01.html#talk

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:"If no yes" Vacant


        ラファエル・ローゼンダールが原宿Vacantにて、プレゼンテーションおよび交流会を行います。 イベント当日は、スライド上映、アニメーション上映による制作プロセスや作品コンセプト、プロジェクトの成果などを語り、作家や作品の魅力を多岐にわたって紹介します。また、未発表の新作web作品の披露も予定しています。
        http://event.hutu.jp/post/54987782477/rafael-rozendaal-if-no-yes
        read more

        Artist

        ラファエル・ローゼンダール:最新ニュース


        ラファエル・ローゼンダールが下記のグループ展に参加いたします。

        “#FUTUREMYTH”
        会期:2013年4月18日〜5月5日
        場所:319 Scholes(ニューヨーク) 
        オープニング:4月18日(木)19:00 – 22:00
        #FUTUREMYTH

        “Brand Innovations for Ubiquitous Authorship” 
        会期:4月23日〜5月11日
        場所:Carroll / Fletcher(ロンドン) 
        オープニング:4月22日(月)18:30 – 21:00
        Carroll / Fletcher

         

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:"Decenter" the Centenary of the 1913 Armory Show


           

          ラファエル・ローゼンダールがArmory Showの100周年を記念した展覧会「Decenter」に参加いたします。ニューヨークにお越しの際は是非お立ち寄りください。 

          “Decenter”
          会期:2013年2月17日〜4月7日
          パネルディスカッション:2013年2月17日(日)16:00〜18:00
          オープニング:2013年2月17日(日)18:00〜20:00
          会場:Abrons Arts Center
          466 Grand Street, New York, NY
          DecenterArmory.com

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:"Book Machine" ポンピドゥーセンター, パリ


           

          ラファエル・ローゼンダールがOne Ster Press主催のBook Machineに参加いたします。2011年に発行したアーティスト本 “Domain Name Book” と オリジナルフォントを展示予定です。詳細は下記をご覧ください。 

          “ Book Machine
          会期:2013年2月20日〜3月11日
          オープニング:2013年2月20日(水)
          会場:Centre Pompidou
          19 Rue Beaubourg, Paris, France

           

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:カルバン・クライン ジャパンとのコラボレーション


          ラファエル・ローゼンダールがカルバン・クライン ジャパンのイベントにコラボレーションアーティストとして参加しました。今年の5月に韓国ソウルで開催されたコラボレーションイベントに引き続き、ラファエルによるインタラクティブ・ビデオインスタレーションをバックに、ck Calvin Kleinの2013年新作コレクションが紹介されました。

          会場の様子は下記でご覧いただけます。
          http://www.newrafael.com/without-hesitation-interactive-art-installation-in-collaboration-with-calvin-klein/

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:"Everytihng Alway Everywhere" Stave Tuner Contemporary

          ラファエル・ローゼンダールがロサンジェルスの Stave Tuner Contemporaryで個展を開催中です。
          展覧会の様子はこちらからご覧いただけます。
          Documentation of my exhibition “Everything Alway Everywhere” at Steve Turner Contemporary, LA, 2012

          ラファエル・ローゼンダール
          “Everytihng Alway Everywhere”
          2012年9月8日(土)〜 10月6日(土)
          会場:Steve Turner Contemporary

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:ビデオプログラム参加

          ラファエル・ローゼンダールが韓国のソウルスクエアにて、ビデオプログラムに参加しました。この企画はローレン・コーネル氏(New Museum キュレター )によるセレクト、カルバン・クライン氏によるプロデュースで行われた1日限りのイベントです。
          イベントの様子はウェブサイトにてご覧いただけます。
          The world’s biggest kiss – by Rafaël Rozendaal (HD)

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:NOKIA 新CM出演


           

          ラファエル・ローゼンダールがノキアの新しい携帯のコマーシャルに出演しています。

          詳しい情報はラファエル・ローゼンダールのウェブサイトにて。

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:New iPhone アプリ『Finger Battle』


          ラファエル・ローゼンダールがiTunes storeにて新作アプリケーションを発表いたしました。
          Finger Battleは日本のiTunes storeでもご購入いただけます。
          この機会に、是非お手にとってお楽しみください。

          →Finger Battle ウェブサイト

          Artist

          ラファエル・ローゼンダール:最新ニュース


          ラファエル・ローゼンダールの新着情報をお知らせいたします。

          ジル・サンダー・ネイビーのウェブサイト制作に参加しています。
          →Jil Sander Navy website

           

          ルイヴィトン Digital Discovers 内にウェブデザイナー、インターフェースデザイナー、映像ディレクターとしてご活躍されている中村勇吾さんのご紹介でラファエル・ローゼンダールの作品が掲載されております。
          →Louis Vitton Digital Discovers

          ラファエル・ローゼンダール:個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」開催(十和田市現代美術館)&「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」(東京都写真美術館)参加


          ラファエル・ローゼンダールの個展「ジェネロシティ 寛容さの美学」が十和田市現代美術館(青森県)にて2月10日(土)〜5月20日(日)まで開催されます。
          ローゼンダールが美術館個展を開催するのは世界初となります。
           
          また、東京都写真美術館にて2月9日(金)〜2月25日(日)まで開催される「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」に参加します。
           
          両展覧会ともに作家によるトークイベントも開催されます。
          十和田現代美術館では2月11日(日)13:00から、本展キュレーターの金澤 韻氏との対談が、
          東京都写真美術館では2月12日(月)17:15からラウンジトークが行われます。
           
          ぜひこの機会をお見逃しなきよう、足をお運びいただければ幸いです。
           
          各展覧会の詳細は公式ウェブサイトをご覧ください:
           
          「ジェネロシティ 寛容さの美学」
          http://towadaartcenter.com/exh…/rafael-rozendaal-generosity/
           
          「第10回恵比寿映像祭『インヴィジブル』」
          https://www.yebizo.com/jp/

          「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」

          「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」がいよいよ開幕します。開催期間は、9月17日より11月20日です。
          本日9月16日(金)19:00頃からはKENPOKU ART 2016 前夜祭でラファエル・ローゼンダールの大型作品「from here to there」が日立シビックセンターの大壁面に上映されます。詳細は公式ウェブサイトにてご覧ください。 (https://goo.gl/Iom2tH)

          ラファエル・ローゼンダール個展「On And On」、カール・コスティアールギャラリー


          ストックホルムのカール・コスティアールギャラリーにてラファエル・ローゼンダールの個展「On And On」が2015年1月15日より2月12日まで開催されました。

           

          展示の写真をラファエルのウェブサイトでご覧いただけます。

          http://www.newrafael.com/on-and-on-exhibition-at-kostyal-stockholm/

            Artist

            ラファエル・ローゼンダール : "External Memory" upstream Gallery Amsterdam


            3月22日(土)〜4月26日(土)までアムステルダムのupstream Galleryにて個展が開催されます。
            お近くにお越しの際は是非お立ちより下さい。

             

            詳細はこちらからご確認下さい。

             

            “External Memory”
            会期:2014年3月22日(土)- 2014年4月26日(土)
            会場:upstream Gallery Amsterdam(オランダ・アムステルダム)
            オープニング:2014年3月22日(土) 17:00 – 20:00
            開廊:水曜日〜土曜日 13:00 – 18:00

              Artist

              ラファエル・ローゼンダール:"Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake" Honor Fraser Gallery


              ラファエル・ローゼンダールがロサンゼルスのHonor Fraser Galleryにてグループ展に参加しております。
              ロサンゼルスエリアにお越しの際は是非お立ち寄りください。

               

              詳細はこちらからご確認下さい。

               

              “Liquid Crystal Palace: Recent Works with Jeremy Blake”
              Curated by Rhizome Editor and Curator Michael Connor and Nate Hitchcock.
              会期:2014年3月1日(土)- 2014年4月5日(土)
              会場:Honor Fraser Gallery(ロサンゼルス)

                Artist

                ラファエル・ローゼンダール:”光るグラフィック展” クリエイションギャラリー G8


                ラファエル・ローゼンダールがクリエイションギャラリーG8主催の「光るグラフィック展」に参加いたします。いまとこれからの時代を牽引する、グラフィックデザイナー、デジタルクリエイター、アーティストが参加し、「紙」と「ウェブ」あるいは「アナログ」と「デジタル」といった、メディアやテクノロジーや世代を超えた、独創的な表現者たちが競演する、初の「光る」グラフィック展となっております。

                 

                詳細はこちらから

                 

                ”光るグラフィック展”
                会期:2014年2月21日(金)〜2014年3月31日(月)
                会場:クリエイションギャラリー G8
                東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
                時間:11:00-19:00 日曜・祝日休館 入場無料
                オープニングパーティー:2014年2月21日(金)19:00−20:30

                出品作家   
                CMYK(グラフィック):勝井三雄、菊地敦己、佐藤可士和、新津保建秀、仲條正義、
                中村至男、服部一成、Vier5  
                RGB(スクリーン):qubibi、中村勇吾、二艘木洋行、萩原俊矢、渡邉朋也、
                Kim Asendorf、Rafaël Rozendaal

                 

                【トークショー】
                第253回クリエイティブサロン 
                「CMYKとRGBをなめらかにつなぐ」
                日時:2014年2月22日(土) 17:00 – 18:30
                出演:勝井三雄 ラファエル・ローゼンダール
                モデレーター:田中良治 萩原俊矢
                同時通訳:ディヴィッド・ディヒーリ
                入場無料、要予約(TEL 03-6835-2260)

                Artist

                ラファエル・ローゼンダール:"新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク" 川崎市民ミュージアム


                ラファエル・ローゼンダールが川崎市民ミュージアムで行われるグループ展に参加いたします。詳細は下記をご覧ください。

                “新世代アーティスト展 in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク”
                会期:2013年7月20日(土)〜9月29日(日)
                場所:川崎市民ミュージアム、企画展示室1
                開館時間:9:30〜17:00
                休館日:月曜日
                アーティストトーク:7月20日(土)14:00〜
                http://www.kawasaki-museum.jp/25museum/01.html#talk

                Artist

                ラファエル・ローゼンダール:"If no yes" Vacant


                ラファエル・ローゼンダールが原宿Vacantにて、プレゼンテーションおよび交流会を行います。 イベント当日は、スライド上映、アニメーション上映による制作プロセスや作品コンセプト、プロジェクトの成果などを語り、作家や作品の魅力を多岐にわたって紹介します。また、未発表の新作web作品の披露も予定しています。
                http://event.hutu.jp/post/54987782477/rafael-rozendaal-if-no-yes
                read more

                Artist

                ラファエル・ローゼンダール:最新ニュース


                ラファエル・ローゼンダールが下記のグループ展に参加いたします。

                “#FUTUREMYTH”
                会期:2013年4月18日〜5月5日
                場所:319 Scholes(ニューヨーク) 
                オープニング:4月18日(木)19:00 – 22:00
                #FUTUREMYTH

                “Brand Innovations for Ubiquitous Authorship” 
                会期:4月23日〜5月11日
                場所:Carroll / Fletcher(ロンドン) 
                オープニング:4月22日(月)18:30 – 21:00
                Carroll / Fletcher

                 

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:"Decenter" the Centenary of the 1913 Armory Show


                   

                  ラファエル・ローゼンダールがArmory Showの100周年を記念した展覧会「Decenter」に参加いたします。ニューヨークにお越しの際は是非お立ち寄りください。 

                  “Decenter”
                  会期:2013年2月17日〜4月7日
                  パネルディスカッション:2013年2月17日(日)16:00〜18:00
                  オープニング:2013年2月17日(日)18:00〜20:00
                  会場:Abrons Arts Center
                  466 Grand Street, New York, NY
                  DecenterArmory.com

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:"Book Machine" ポンピドゥーセンター, パリ


                   

                  ラファエル・ローゼンダールがOne Ster Press主催のBook Machineに参加いたします。2011年に発行したアーティスト本 “Domain Name Book” と オリジナルフォントを展示予定です。詳細は下記をご覧ください。 

                  “ Book Machine
                  会期:2013年2月20日〜3月11日
                  オープニング:2013年2月20日(水)
                  会場:Centre Pompidou
                  19 Rue Beaubourg, Paris, France

                   

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:カルバン・クライン ジャパンとのコラボレーション


                  ラファエル・ローゼンダールがカルバン・クライン ジャパンのイベントにコラボレーションアーティストとして参加しました。今年の5月に韓国ソウルで開催されたコラボレーションイベントに引き続き、ラファエルによるインタラクティブ・ビデオインスタレーションをバックに、ck Calvin Kleinの2013年新作コレクションが紹介されました。

                  会場の様子は下記でご覧いただけます。
                  http://www.newrafael.com/without-hesitation-interactive-art-installation-in-collaboration-with-calvin-klein/

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:"Everytihng Alway Everywhere" Stave Tuner Contemporary

                  ラファエル・ローゼンダールがロサンジェルスの Stave Tuner Contemporaryで個展を開催中です。
                  展覧会の様子はこちらからご覧いただけます。
                  Documentation of my exhibition “Everything Alway Everywhere” at Steve Turner Contemporary, LA, 2012

                  ラファエル・ローゼンダール
                  “Everytihng Alway Everywhere”
                  2012年9月8日(土)〜 10月6日(土)
                  会場:Steve Turner Contemporary

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:ビデオプログラム参加

                  ラファエル・ローゼンダールが韓国のソウルスクエアにて、ビデオプログラムに参加しました。この企画はローレン・コーネル氏(New Museum キュレター )によるセレクト、カルバン・クライン氏によるプロデュースで行われた1日限りのイベントです。
                  イベントの様子はウェブサイトにてご覧いただけます。
                  The world’s biggest kiss – by Rafaël Rozendaal (HD)

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:NOKIA 新CM出演


                   

                  ラファエル・ローゼンダールがノキアの新しい携帯のコマーシャルに出演しています。

                  詳しい情報はラファエル・ローゼンダールのウェブサイトにて。

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:New iPhone アプリ『Finger Battle』


                  ラファエル・ローゼンダールがiTunes storeにて新作アプリケーションを発表いたしました。
                  Finger Battleは日本のiTunes storeでもご購入いただけます。
                  この機会に、是非お手にとってお楽しみください。

                  →Finger Battle ウェブサイト

                  Artist

                  ラファエル・ローゼンダール:最新ニュース


                  ラファエル・ローゼンダールの新着情報をお知らせいたします。

                  ジル・サンダー・ネイビーのウェブサイト制作に参加しています。
                  →Jil Sander Navy website

                   

                  ルイヴィトン Digital Discovers 内にウェブデザイナー、インターフェースデザイナー、映像ディレクターとしてご活躍されている中村勇吾さんのご紹介でラファエル・ローゼンダールの作品が掲載されております。
                  →Louis Vitton Digital Discovers

                  scroll to top